定番色より人気!? マツダの赤、スイスポの黄…メインカラーの人気度

 車の個性を際立たせるアイテムのひとつにボディカラーがある。その色の中には、メーカーが車種のキャラクターや魅力を訴求する「イメージカラー」が存在する。このため、その色はカタログやCMなどで積極的に使用されている。マツダ車の赤やスイフトスポーツの黄色などがその一例だ。しかしながら、一般的に人気が高い色は車種を問わず、白・黒・シルバーの3色と言われる。人気車のイメージカラーと最も売れている色の実態は果たして……。

取材・文:大音安弘/写真:編集部


スイフトスポーツの人気色はイエロー…じゃない!?

歴代
歴代スイフトスポーツのイメージカラーといえば、この黄色! このほかレッド、ブルー、ホワイト、シルバー、ブラックの計6色が設定されている

 ホットハッチとして高い人気を持つスイスポこと、スズキ スイフトスポーツのイメージカラーは、「チャンピオンイエロー4」という黄色だ。

 スイスポは歴代モデル全て黄色を採用してきた歴史を持つ。まさにスイスポを象徴するのが色なのだ。

 スズキ広報部によると人気色の第1位は……、イメージカラーではない「ピュアホワイトパール」とのこと。「チャンピオンイエロー4」は惜しくも2位となる。

 しかしながら、1位と2位の僅差とのこと。具体的な数字は明かせないとのことだったが、1位と2位で全体の半数を占めているそうだ。

 因みに、3位にはプレミアムシルバーが付ける。一般的には主力色となりづらい黄色をこれだけ売っているのだから、イメージカラーは人気色といえるだろう。

シビックタイプRは全体の75%を1色が独占!

タイプRの定番カラーは、アイボリー系のチャンピオンシップホワイト。このほかブラック、レッド、ブルーの計4色を設定
タイプRの定番カラーは、アイボリー系のチャンピオンシップホワイト。このほかブラック、レッド、ブルーの計4色を設定

 ホンダのスポーツスピリットの象徴である「タイプR」のイメージカラーといえば、「チャンピオンシップホワイト」だ。

 この色の原点は、ホンダF1に始まり、初代NSXタイプRに採用されて以来、歴代タイプRに受け継がれてきた特別な白だ。

 輸入車で販売台数が限られているとはいえ、現在10か月待ちという大人気車のシビックタイプRの1位は、ぶっちぎりで「チャンピオンシップホワイト」。なんと全体の75%(2018年現在)を占める。

 シビックタイプRの設定色は、白、黒、赤、青の4色に限られるが、それにしても圧倒的な数字である。イメージ通りの展開だが、まさかここまでとは……。正直驚いた。

スバル WRX STI、WRC由来のブルーは人気?

WRXが象徴するようにスバル=ブルーのイメージは強い。同車はほかにホワイト、シルバー、グレー、ブラック、レッドの計6色を設定
WRXが象徴するようにスバル=ブルーのイメージは強い。同車はほかにホワイト、シルバー、グレー、ブラック、レッドの計6色を設定

 スバルのスポーツモデルといえば、WRCなどのモータースポーツでの活躍を彷彿させるブルーを連想するが、WRX STIには「WRブルー・パール」を設定している。

 こちらは40.1%(2017年)と圧倒的なシェアを持つ一番人気色だ。ただ、スバル広報部によると、WRブルーはWRXを象徴する大切な色としながらも、近年は別のメインカラーを設定しているという。

 近年、WRX STIには、S4の登場もあり、WRXシリーズを単にスポーツカーではなく、高性能GTとして捉える人も多くなってきたという。

 そこでより幅広い層に魅力をアピールすべく、近年は改良型毎に、WRブルー以外の訴求色を設定しているという。

 現在販売中のE型は、白の「クリスタルホワイト・パール」だが、その前型となる「D型」ではシルバーの「アイスシルバー・メタリック」としていた。どちらも現行型で高い人気を持ち、26.5%(2017年)が白、11.3%がシルバー(2017年)と続いている。

 最も希少なのは、圧倒的に少ない2.1%の「ピュアレッド」(2017年)。色としては悪くないだけに、ひょっとすると将来、価値が出るかもしれない。

マツダが推すソウルレッドはどれだけ浸透?

先代CX-5の発売以来、深みのある赤“ソウルレッド”を各車に設定するマツダ。ロードスターはほかにグレー、ホワイト系3色、ブラック、ブルーの計7色展開
先代CX-5の発売以来、深みのある赤“ソウルレッド”を各車に設定するマツダ。ロードスターはほかにグレー、ホワイト系3色、ブラック、ブルーの計7色展開

 日本一赤い車を売っているといえばマツダだ。魂動デザインを採用した新世代商品群は、どれも高い人気を誇る。そのイメージカラーが「ソウルレッド」だ。

 7車種のソウルレッドの平均販売比率は、なんと20.8%(2017年度)にも上る。最も売れているのは、ロードスター/ロードスターRFで26%(2017年度)を占める。

 最も少ないのはSUVのCX-8だが、それでも12%(2017年度)と、かなり優秀だ。CX-8で最も人気が高いのは、「マシーングレープレミアムメタリック」で33%(2017年度)にも上る。

 この色は、ロードスター/ロードスターRFでも2位となる22%(2017年度)を占めている。

 どちらも新生代マツダデザインの魅力を色濃く伝える訴求色となっているのだが、さらにこの2色は、ユーザー負担のあるオプションカラーでもある。これは今のマツダ車の魅力が多くの人に理解されている証拠ともいえるだろう。

 もちろん、全体的には白・黒・シルバーの定番色の人気も高い。それを差し置いて、赤をこれだけ売ってしまうマツダは凄い。

クラウンのイメージカラーは白? 黒?

王道の「白」のイメージが強いいっぽう、最近はブラックのイメージもあるクラウン。新型は多彩なカラーバリエーションを設定予定だ
王道の「白」のイメージが強いいっぽう、最近はブラックのイメージもあるクラウン。新型は多彩なカラーバリエーションを設定予定だ

 最後に黒と白のイメージが強いクラウンについても調べてみた。

 長い伝統を持つロイヤルシリーズだが、イメージカラーは、白の「ホワイトパールクリスタルシャイン」だ。その全体比率は、なんと43%(2017年)と圧倒的。

 かつて爆発的ヒットとなった3代目の「白いクラウン」のイメージは、今なお受け継がれているのだ。

 でもハイヤーなど黒も多いイメージもある。全体の28%の占める2位が「ブラック」(2017年)、そして3位で13%の「プレシャス・シルバー」(2017年)と続く。

 日本の定番色そのままなのは、ザ・日本車のクラウンらしい展開ではないだろうか。

 アスリートについては、「ホワイトパールクリスタルシャイン」の53%(2017年)、プレシャスブラックパールの17%(2017年)、ブラックの15%(2017年)となっている。アスリートは、黒だけで32%になるだから、クラウン=黒の印象もあながち外れていないといえるだろう。

◆  ◆  ◆

 このように人気車では、そのキャラクターを強く主張するイメージカラーが人気色であることが数字からも明らかとなった。それと同時に、定番色といわれる「白」「黒」「シルバー」の根強い人気も感じられた。

 近年、メーカーの戦略と努力により個性豊かな色も増えてきている。このため、定番色の人気の傾向は、今後変化していく可能性もある。それを踏まえ、各車のボディカラーに注目していくと面白いかもしれない。

【まとめ】各車のボディカラー 人気上位3色

■WRX STI
・1位/WRブルー・パール(40.1%)
・2位/クリスタルホワイト・パール(26.5%)
・3位/アイスシルバー・メタリック(11.3%)

■ロードスター(RF含む)
・1位/ソウルレッド(26%)
・2位/マシーングレープレミアムメタリック(22%)
・3位/ホワイトパール(15%)

■新世代マツダ車 7車合計※
・1位/ソウルレッド(21%)
・2位/ホワイトパール(17%)
・3位/マシーングレープレミアムメタリック(12%)

※7車はCX-8、CX-5、アテンザ、デミオ、アクセラ、ロードスター、CX-3。ソウルレッドの割合は「ソウルレッドプレミアム」と「ソウルレッドクリスタル」の合算

■クラウンロイヤル
・1位/ホワイトパールクリスタルシャイン(43%)
・2位/ブラック(28%)
・3位/プレシャス・シルバー(13%)

■クラウンアスリート
・1位/ホワイトパールクリスタルシャイン(53%)
・2位/プレシャスブラックパール(17%)
・3位/ブラック(15%)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ