欧米だけのスカイライン!! ぜひ売ってくれ!! 日本にはなぜ存在しない(涙)

かつて日産を、いや日本を代表するモデルであった日産スカイライン。日本生まれの日本育ち。数々の伝説を作り、多くの日産ファンを育ててきた。しかしかつての面影は姿を潜め、今やすっかり欧米中心モデル。日本市場は(いや「売れないから」という事情は重々承知なのですが)「ついで」のような扱いとなっております。

それもそのはず、日本で「スカイライン」として売っているモデルの世界販売を見てみると、色とりどり、さまざまなラインアップが用意されているではありませんか。

いやいやもちろん、タイトルは「欧米だけのスカイライン」としておりますが、ご存じのとおり、あちらでは「インフィニティ」ブランド。でも心情的に「スカイライン」と意地を張ってみたい気持ちもわかっていただきたい。

「日本にもこの仕様を用意してください!」と、思わず呟きたくなるほどに、欧米には魅力的なスカイラインが揃っているのです。

ほんとにこれでいいのか日産!! という思いも込めて、日本には存在しない欧米だけのスカイラインをご紹介いたします。

※本記事は2017年6月のものです。
文・写真:ベストカー編集部
初出:ベストカー2017年6月10日号


■インフィニティQ60ブラックSコンセプト

Q60ブラックSはインフィニティとルノーF1チームが技術協力して作り上げたコンセプトカー。400psエンジンにルノーF1で使っているKERSの技術を組み合わせたスーパースポーツで、コンセプトカーとはいえ、こういうクルマを作ってくれるのがうらやましい。そもそも日本ではスカイラインクーペにあたるQ60自体、日本での販売は未定だ。

2017年3月のジュネーブショーに出展されたコンセプトカー。インフィニティとルノーF1チームが協力して開発したモデルで、V6、3ℓツインターボ400psエンジンとルノーF1のKERS技術を組み合わせたユニットを搭載し、500ps以上のトータルパワーを発揮する。市販予定はないが、KERS技術の開発は進めているという
2017年3月のジュネーブショーに出展されたコンセプトカー。インフィニティとルノーF1チームが協力して開発したモデルで、V6、3Lツインターボ400psエンジンとルノーF1のKERS技術を組み合わせたユニットを搭載し、500ps以上のトータルパワーを発揮する。市販予定はないが、KERS技術の開発は進めているという

■インフィニティQ50レッドスポーツ400

Q50レッドスポーツ400はVR型V6、3Lツインターボをその名のとおり400psまでパワーアップしたグレードで、北米では4万8700ドル(1ドル111円換算で約540万円)から販売中。そんなイケイケの姿勢がうらやましいが、日本のスカイラインにも追加設定されるかといえば、その可能性は低いと言わざるを得ない。ついでにいえば、Q50は3月に行われたジュネーブショーでプロパイロット装着車を発表。年内にはその市販モデルが登場すると思われる。

新開発のVR30DDTT型V6、3ℓツインターボ、400psエンジンを搭載したQ50最強グレード。FRと4WDがあり、FRは4万8700ドル(1ドル111円換算で540万5700円)、4WDは5万700ドル(562万7700円)で販売中。日本のスカイラインにもこういうモデルが欲しいものだが、販売実現性はあまりにも低い……
新開発のVR30DDTT型V6、3Lツインターボ、400psエンジンを搭載したQ50最強グレード。FRと4WDがあり、FRは4万8700ドル(1ドル111円換算で540万5700円)、4WDは5万700ドル(562万7700円)で販売中。日本のスカイラインにもこういうモデルが欲しいものだが、販売実現性はあまりにも低い……

■インフィニティQX50コンセプト

QX50コンセプトは2017年4月の上海ショーに出展されたQX50の次期モデルを示唆するコンセプトカーで、日本でいえば今はもうなくなってしまったスカイラインクロスオーバーに当たるモデル。インフィニティの最新デザインコンセプトである「パワフルエレガンス」なデザインで、ベンツ、BMWなどにも負けない存在感を発揮している。

また、このクルマの最大の見どころはエンジンで、量産車世界初の可変圧縮比ターボ(VCターボ)を搭載しているのだ。4気筒の2Lで270ps/39.8kgmを発揮すると技術発表済みで、その搭載第一号がこのクルマになるもよう。来年(2018年)中には正式デビューを果たすだろうが、日本でも売られるかどうかは定かではない……。日本市場では大苦戦したスカイラインクロスオーバーのことを考えると二の足を踏みたくなる気持ちはわかりますが、そこはなんとか! お願いしますよ日産さん!!

4月に開催された上海モーターショーに出展されたコンセプトカーだが、来年中には発売される予定の次期QX50に当たるモデル。世界初の可変圧縮比ターボエンジンを搭載するのが最大のポイント。このVCターボエンジンは直4、2ℓで270ps/39.8㎏mを発生すると発表されており、燃費性能がどのくらい優れているのかが注目される
2017年4月に開催された上海モーターショーに出展されたコンセプトカーだが、来年(2018年)中には発売される予定の次期QX50に当たるモデル。VCターボエンジンは直4、2Lで270ps/39.8kgmを発生すると発表されており、燃費性能がどのくらい優れているのかが注目される

こういうのを見ていると「日本のスカイラインももっと頑張ってくれい!」と言いたくなってしまう……。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ