【ヴェルファイア、ノート、ハスラー…】 人気カテゴリーの人気車種を買うなら今!!


大幅値引きを引き出せるこの時期は、クルマを買うには絶好のタイミング! おなじみの遠藤徹氏が導き出した「現行国産全モデルの値引き情報」を踏まえ、カテゴリー別に“ベストバイ(これは買い!)な3台”を、渡辺陽一郎氏が選出。“買いのワケ”を明かします。

※値引き額は流通ジャーナリスト遠藤徹氏が独自に調査したもので、地域、グレード、ディーラーによって異なります。また必ずしもその値引き額になるとはかぎりません。
文:渡辺陽一郎、ベストカー編集部

写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2018年7月10号


軽自動車のベストバイ 3台

現在、新車購入の約37%を軽自動車が占めている。運転のしやすさや小型車より機能が高いモデルもある、などがその要因。国内向けだから日本のユーザーが共感できる部分も多い。機能のわりに低価格は利点だが、販売店の粗利も少ない。ゆえに値引きは少額傾向。

■スズキ ハスラー…値引き 15万円

SUV風の軽自動車で、汚れが落ちやすい素材を荷室に使うなど実用性を高めている。先代ワゴンRをベースに開発されたから、後席を含めて居住性も快適だ。高度な緊急自動ブレーキも採用。

発売から4年以上を経過して値引きは拡大傾向で15万円とみる。古さを感じないモデルなので今が買いだ。

XXX
価格:110万520〜167万4000円

■ダイハツ タント…値引き16万円

人気のスーパーハイトワゴンで、後席を畳めば広い荷室になり自転車も積みやすい。左側中央のピラーをスライドドアに内蔵させ、前後のドアを両方ともに開くと開口幅が1490mmに達する。優れた乗降性が最大の武器。

売れ筋の価格帯が140万~170万円前後とやや高く、ライバル車のN-BOXやスペーシアが新型になったのでタントの値引きは拡大傾向だ。なので、ベストバイの一台として選んだ。

XXX
価格:122万400〜187万3800円

■ホンダ N-ONE…値引き 15万円

趣味性に重点を置いた個性的なモデルで、内外装を上質に仕上げた。軽自動車では珍しくボンネットが視野に入って運転しやすい。

発売から5年以上が経過して値引きが拡大しており、15万円も見込める。ディーラーオプションのサービスと併せて交渉して、より高額を引き出してみよう。

XXX
価格:120万960〜177万2280円

最後に「買いのひとこと!」
◎ハスラー……高機能でデザインにも古さはない。値引き額も拡大中だ!
◎タント……N-BOXやスペーシアより設計は古いが、値引き額は拡大中!
◎N-ONE……クルマ好きにもウケる個性的デザイン。今ならお得に買える!

コンパクトカーのベストバイ 3台

ボディやエンジンの小さなコンパクトカーは価格も安い。販売会社が得る1台当たりの粗利も少額で、値引きは控えめだ。それでも競争が激しく、ライバル車と値引き額を競わせると相応に増額できる。

■ホンダ フィット…値引き 19万円

全長が4m以下で運転しやすく、立体駐車場も利用できる。そのわりに車内が広く後席も快適で、荷室容量は大きい。燃費も優れ価格は割安だ。

買い得モデルだが、現行型はフロントマスク形状などが不評で売れゆきが伸び悩む。去年の登録台数はフリードを下回った。意外な数字だ。そのために値引き額が増えて、今なら10万円ぶんのディーラーオプションもサービス装着。これは買いだ。

XXX
価格:142万8840〜236万7360円

■日産 ノート e-POWER…値引き 18万円

1.2Lエンジンが発電を行い、モーターを駆動して走るハイブリッドだが、e-POWERの名称ウケもありヒット。モーター駆動だから加速が滑らかで静かに走り、アクセルペダルだけで走行を自在に調節できる。快適で運転が楽しく燃費も良好だ。

人気車となったが、ノート自体は発売後5年以上が経過し、モデルも新鮮味がない。値引き額が増え、アクアと競わせると効果的だ。

XXX
価格:190万1880〜240万840円

■スズキ スイフト…値引き 22万円

現行型は車両重量が1t以下で、動力性能、安定性、実用燃費を向上させた。走りが軽快で楽しく、低価格のわりに内装は上質。安全装備や運転支援の機能も充実する。

ただしフィットやノートに比べて後席と荷室が狭く、雰囲気も地味で売れゆきはイマイチ。22万円など大きな値引き額もゲットできるはず。

XXX
価格:134万3520〜194万9400円

最後に「買いのひとこと!」
◎フィット……1.3L車は実用性が高いわりに価格が安く、値引きも増大中!
◎ノートe-POWER……走りが上質で燃費も優れ、値引きは拡大傾向だ!
◎スイフト……価格が安いわりに値引き額は高く、クルマ好きにピッタリ!

次ページは : ミニバンのベストバイ 3台

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ