都心部でのバス事故を未然に回避!! 運転士の取った神対応の体験記!!


 バスの車内事故とは運転士・乗客双方にとって恐怖であり、交通事故とはまた違う側面での事故だ。今回はたまたま記者が乗り合わせた路線バスで「あわや車内事故!!」という場面に遭遇したのでレポートする。写真はイメージであり本稿事例とは関係ないことをお断りしておく。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】記者が乗り合わせたバス車内事故寸前の恐怖と運転士の神対応!(8枚)画像ギャラリー

普段は運転士を信頼してボケーっと乗っているが

 記者は路線バスのどこに座っていても、普段は取材でもない限りは運転士を信頼して、ボーっとスマホでもいじりながら乗っていることが多い。もちろんバスファンで大型二種免許を持っているので、普通の人よりも見る方向は多少違うかもしれないが、座っているときはほかの乗客と同じだ。

「止まるまで席を立たないでください」には意味がある!

 車内事故とはバスと他の交通や人とのいわゆる交通事故ではなく、バス車内で乗客がケガをするなどの事故を言う。もちろん交通事故に起因する車内事故が多いのは言うまでもない。

 また交通事故にならないまでも事故を避けるために急ブレーキをかけたり、通常通りの運転操作をしていても発進や減速・停止、右左折のGに耐えられず転倒してしまう高齢者もいる。こうしてケガをすればすべて車内人身事故だ。

 いずれにしても車内事故の責任は運送事業者の責任になり、一般論としては賠償責任を負う。バスに乗車するということは法的には乗客が運送を申し込み、事業者が承諾して当該運送を引き受けるという契約であり、その内容は運送約款に基づく。

 事業者によっても異なるが、標準的な運送約款では「当社は、当社の自動車の運行によって、旅客の生命又は身体を害したときは、これによって生じた損害を賠償する責に任じます。~中略~ 当社の旅客に対する責任は、その損害が車内において又は旅客の乗降中に生じた場合に限ります。」となっている。

記者が特に注意している区間は?

 記者がよく利用する路線バスで、特にこの区間だけはボケーっとしない区間を例として挙げる。それは都営バス・京王バス共同運行の渋66系統・西武百貨店前-宇田川町間だ。

 この区間は一方通行なので1車線でも対向車と離合することはない。しかし歩行者が非常に多く、両側が歩道になっているにもかかわらず、常時歩行者天国のように振る舞う歩行者が多すぎるのだ。

西武百貨店前バス停付近はホコ天ではない!

 そんな道路に大型バスがやってくると、びっくりしてあわてて歩道に戻る人もいれば、逆に歩道から車道に飛び出してくる人もいる。運転士はこの急な飛び出しに細心の注意を払っているのは明らかで、より神経をすり減らしている緊張区間だろう。

歩行者の挙動を見ながら備える

 記者などよりも運転士の方がはるかに注意していて、慎重にバスを走らせていることに疑いの余地はないが、それでも周りを見ながらこの区間だけはいざというときに備えている。それほどヒヤリハットが多い区間だ。

昼間でも車道を歩く人がいる

 かなり以前の話だが、渋谷駅から渋66系統に乗車して西武百貨店前を出て、宇田川町交番手前まで走ったあたりで歩行者が車道に飛び出してきた。運転士は慌ててブレーキを踏むとともに、クラクションを吹鳴してバスを停めた。

 バスのブレーキはエアブレーキを採用しており、乗用車のブレーキとは仕組みも効き方もまったく異なる。普段はこのブレーキを「舐めるように」踏む。

 そうしないとすべてが急ブレーキになってしまうほど、バスのブレーキは強力に効く。車種や乗車旅客数により異なるが、およそ14トンものバスを止めるのには相当の制動力が必要なのだ。

次ページは : 幸い事故はなかったが…

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ