マツダは果たして生き残ることができるのか?  役員人事改選とラージ戦略で岐路に立つマツダの命運やいかに!?


 マツダが5月25日に開催された取締役会で、2022年6月24日開催予定の第156回定時株主総会および株主総会直後の取締役会終了後の役員人事を内定した。それによると、代表取締役副社長執行役員兼COO(最高執行責任者)イノベーション・カーボンニュートラル・協業・新事業統括の藤原清志氏が任期満了で退任することになったのだ。

 SKYACTIV-X、直6ラージ戦略などこれまでのマツダを推進してきたのは藤原副社長の指揮が大きかったと思われるが、引き続き舵取りを行う丸本明社長以下、今回新任で選ばれた廣瀬一郎氏&向井武司氏の両取締役など新生マツダは、どんなクルマ作りに方向転換していくのだろうか。今後のマツダが生き残るために何をすべきなのか、国沢光宏氏が分析する。

文/国沢光宏写真/ベストカー編集部、マツダ

【画像ギャラリー】役員改選で新生マツダに突き付けられる課題とはいったい何か?(14枚)画像ギャラリー

■藤原COO退任の理由は表向き「任期満了」だが……

日本でのFRラージ戦略第1のモデルとして登場したSUV、CX-60は藤原副社長肝いりのモデルだった
6月24日のマツダの定期株主総会において退任が決まっている藤原清志副社長兼COO

 2019年に登場したマツダ3以降のマツダ車は、6月24日に行われる次回の定期株主総会での退任が決まった藤原副社長の「作品」と言ってよい。藤原副社長の担当は広く大きかった。

 2013年からクルマ開発の全権を担当し、パワーユニットから車体、デザイン、環境技術など藤原副社長(2013年時は常務執行役員)が決めていた。最新モデルのCX-60なども100%藤原副社長のクルマだ。

 昨年6月には「COO」(最高執行責任者)というポジションになり、市販車どころかマツダの業務執行まですべてコントロールするようになっていた。その前から人事権も掌握していたため、自分の考え方を理解してくれる人を抜擢するなど盤石の体勢を固める。当然ながらCOOになったのは1年前。少なくとも3年は一段とマツダを自分の理想の姿にしていこうと考えていたことだろう。

 ところが、突然の退任発表となった。マツダのリリースによれば「任期満了のため」となっているけれど、あり得ないです。COO就任の際、マツダ関係者に聞いたところ、誰もが「間違いなく3年以上に渡って藤原時代になります」と言っていたほど。

 そんなことから退任の報を受け、私が最初に心配したのは彼の体調問題。仕事に差し障るような疾病ならお見舞いを申し上げなければならない。

■丸本社長が今年3月のスーパー耐久会見で突如発言したことが前兆だった?

マツダはスーパー耐久シリーズに「MAZDA2 Bio concept」と「ロードスター」の2台で参戦している。次世代バイオディーゼル燃料を使用した車両でレースに参戦することで実証実験を行っているのだが……

 そこで、さまざまなルートから取材してみた。藤原副社長と最近話をした人によれば、「健康上の問題はないと思います」。さらに、複数のマツダ関係者に退任理由を当たると皆さん、「わからないんです。本人から退任を申し出たようです」。

 むしろ藤原副社長最大のプロジェクトであるCX-60から始まるFRラージ商品群がデビューするタイミングのため、退任する理由などないと口を揃える。

 ただ、少し前からマツダの空気が変化していた。一番驚いたのは高級車路線を邁進していた藤原体制ながら、CX-60の価格が驚くほど戦略的だったこと。先行試作車を試乗した後、価格を知って「これはお買い得ですね!」と思ったほど。

 CX-5と比べたってリーズナブルなのだ。今までの「いいクルマなら高くても売れる」という強気一辺倒のマツダなら考えられなかった価格戦略だと思う。

 さらに、モータースポーツを忌避してきた藤原副社長だったが、今年3月に開催されたスーパー耐久レースの記者会見で突如、丸本社長が「技術陣からスバルさんのBRZ、トヨタさんのGR86の手強さを目の当たりにし、2.2Lディーゼルの300psのエンジンを開発したいという強い要望を受けました。ぜひ後半戦ではガチンコで戦わせていただければと思います」。目ん玉が出るほど驚く!

スーパー耐久の記者会見時、突如として300psの2.2Lクリーンディーゼルエンジンの投入を宣言した丸本明社長兼CEO

次ページは : ■マツダが今後、早急に打つべき対策は3つある!