【N-BOX対タント対スペーシア】 「走り」で競う!! 軽ハイトワゴン大運動会


いつのまにか朝晩肌寒くなって、秋の雰囲気がでてきました。秋といえば運動会。ベストカーでは、軽ハイトワゴンを集めて秋の大運動会を開催!

どちらかといえば軽ハイトワゴンは実用性最重視のカテゴリーですが、今回は運動性能の優劣を競います。

舞台は富士スピードウェイのジムカーナ場。参戦するのはN-BOX、スペーシア、タントの3車ですべてカスタム系のターボモデル。参考比較車として背の低い軽自動車のN-ONEとリッターカーのトールも用意。

ドライバーには全日本ジムカーナで活躍中の大井貴之氏を起用。仕様変更直前のタイミングとなったデイズルークス&eKスペースをのぞく、軽ハイトワゴン3車+参考モデル2車で短距離走から燃費競争まで、5つの種目を行います!

※本稿は2018年5月のものです
※採点は1位10点、2位6点、3位3点とし、それに加えて10点満点でドライバー大井貴之の評価点も加えます。順位の対象とするのは軽ハイトワゴン3車のみとなります
文:大井貴之、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年6月26日号


【大運動会 エントリーカーリスト】

●ホンダ N-BOXカスタム G・Lターボ ホンダセンシング

【価格197万6400円】全高1790mm、ホイールベース2520mm、車重930kg。直3ターボは64ps/10.6kgmで、エントリー3車のなかで最大トルクが最も大きい。

●スズキ スペーシアカスタム ハイブリッドXSターボ 全方位モニター用カメラパッケージ

【価格178万7400円】全高1785mm、ホイールベース2460mm、車重900kg。直3ターボは64ps/10.0kgmで、これに3.1psのモーターアシストが付く。

●ダイハツ タントカスタムRS “トップエディション” SA3

【価格162万円】全高1750mm、ホイールベース2455mm、車重960kg。直3ターボは64ps/9.4kgmで、3車で最もサイズが小さく重く、最大トルクも小さいが、安い

●【特別参加/背の低い軽カー】ホンダ N-ONE RSターボ

【価格180万2520円】全高1545mm、車重860kgの低さと軽さで走りはどう変わるか?

●【特別参加/リッターカー】ダイハツ トール カスタムGターボ “SA3”

【価格196万5600円】98‌ps/14.3kgmの1Lターボ搭載。軽自動車との“差”はどうだ?

【種目1】 短距離走(0~70km/h 加速タイム競争)

まずは運動会の華「短距離走」からスタート! 正確無比な計測器、デジスパイスを使って0~70km/h加速のタイムを競う。70km/hという速度は会場の関係でそれ以上出せない事情もあるけど、ふつうに使っている時に大切な速度域を想定したものでもある。

さすがに3車ともにサイズ、排気量、最高出力の上限(64‌ps)などかぎられた枠のなかで競っているだけにタイム差はわずかなものだったが、No.1はN-BOXとなった。

●大井貴之の評価

N-BOXがNo.1となった発進加速テストだが、そのデータは全車8秒台。一番速かったN-BOXと一番遅かったスペーシアの差を比べてもたったの0.459秒。ほとんど似たようなものだと言うこともできるが、ドライバーが感じた加速感にはけっこうな違いがあった。

N-BOXの加速はモリモリ系。タントはスルスル系。スペーシアはスイスイ系。理解してください(笑)。というのも難しいのでモリモリ系から説明すると、N-BOXはライバルに比べて最大トルクが大きい。タントの9.4kgm、スペーシアの10.0kgmに対し、N-BOXは10.6kgm。しかも最大トルクの発生回転数が問題。タントの3200rpm、スペーシアの3000rpmに対し、N-BOXは2600rpmと最も低い。この差はデカイね。

1位から3位まで0.459秒差の僅差だった短距離走だったが、大井氏は「N-BOXのパワフルさが目立っていた」とコメント

特に2300~3800rpmあたりの加速は660ccとは思えないモリモリ系。2番手のタントはCVTが頑張った感じ。力強さは感じないのだが、スルスルッとスピードが乗っていくのだ。

そして車重900kgと一番軽いのにビリになってしまったスペーシアだが、この結果についてはドライバーとして謝罪しなければならない。というのは、ハイブリッドの電池マークが1個のタイミングでテストしてしまったのだ。

あとで気づいたのだが、電池マークが3個のフル充電では出足が違う。テスト前にちょっとアイドリングしておくだけでよかったはずなのだが、気づかなかった。というわけで、この結果。電池がフルならN-BOXに迫る(上回ることはない)結果になったに違いない。

参考としてテストしたN-BOXは、N-BOXと同じエンジンを100kg軽い車体に搭載しているだけあって、圧倒的な速さ。1100kgもあるトールはかろうじてトップタイムをマークしたが、50km/hを過ぎたあたりから1Lターボのパワーを発揮! もしこのテストが100km/hまでの加速とか4人乗車のテストだったら、もっと大きな差をつけたに違いない。

次ページは : 【種目2】 停止力競争(70~0km/h 停止タイム競争)