【N-BOX対タント対スペーシア】 「走り」で競う!! 軽ハイトワゴン大運動会


【種目2】 停止力競争(70~0km/h 停止タイム競争)

続いてはブレーキ性能を競う「停止力競争」。短距離走とは逆に、70km/hから完全停止するまでのタイムを競う。もちろん、短い時間で止まれるクルマが優秀となる。

計測はデジスパイスに任せているので、担当、紅白帽をかぶって応援しているだけだが、意外とクルマの挙動に違いがあって、N-BOXのノーズダイブがかなり派手。唯一1秒台を叩き出した結果を見ても、かなり強烈な制動力を発揮しているようだった。

短距離走に続き停止力競争でもN-BOXがNo.1。しかし激しいノーズダイブで「真っ直ぐ止める以外に操作のしようがない」と大井氏

●大井貴之の評価

フル制動は70km/hから行った。結果、No.1はまたしてもN-BOX。このテストにおいては100kg車重が軽いN-ONEよりも短い距離で制動を終えた。制動をタイムで見せられてもわかりにくいと思うが、距離ではNo.1のN-BOXが約20mで、タントとスペーシアが約22mといったところ。テストは各車1回ずつなので、ほぼ同等。誤差範囲と言われてしまいそうだが、制動フィールについては意外なほどの差を感じた。

それを感じたのはN-BOX。ブレーキペダルを踏んだオレ自身がビックリするほどの制動。というか、他車に比べて速い踏力を入れた時にブレーキアシストが強烈に効く。とにかく短い距離で止めてやるぜ! と言わんばかりの制動。

短く止まれることは大切だが、ドライバーとしては止まる以外の選択肢を選びにくい状態。まあ、この手のクルマのユーザーを考えたら問答無用に止めることが大切なのかもしれないが、ちょっと割り切りすぎというか、数字を狙いすぎているようにも感じてしまった。

【種目3】 回転力(定常円旋回 最高速競争)

背が高く、幅が狭い軽ハイトワゴンだけにタイトなコーナリングは苦手そう。ここでは20R(半径20m)と5R(半径5m)の定常円を何km/hで回れるかの「回転力」を競った。斜めになりながら苦しそうに回転するクルマの速度をスピードガンで測り、順位を付けた。

結果は20Rでは3車ともに46km/hで横並びとなったが、5Rでは1km/hずつ1位から3位まで差がついた。No,1のタントは、5Rで背の低いN-ONEと同じ速度という健闘ぶりだった。

目一杯ロールして曲がる定常円旋回。着座位置の低さもあってN-ONEは安定感を感じるが、ロールの深さは全車それほど違いはない

●大井貴之の評価

定常円旋回は非常にタイトな5Rと20Rの2種類でテストを行った。車幅より全高が長い背高のっぽの3台だけに、特にドライバーがアウト側になる左旋回では転倒する可能性も充分考えられると注意して走行した。結果、右回りと左回りではロールの度合いこそ違いを感じたものの、転倒の危険を感じるクルマは1台もなかった。もちろん、イン側にサーキットのエンセキのような突起があったら相当危険だと思うが。

テスト結果は、20Rについては3車とも46km/hだったが、タイトな5RではタントがNo.1。これまでのテストでは負け知らずだったN-BOXが最下位に終わった。その理由は、サスペンションのチューニング。

No.1だったタントはタイヤのグリップ状態がわかりやすくドライバーに伝わってくる。ワーストのN-BOXはその逆。20Rの旋回スピードは結果的に同等だったが、ドライバー的にはタントとスペーシアがほぼ同等で、N-BOXのコントロール性は劣っていた。

具体的に言うと、N-BOXは乗り心地向上のためにサスペンションのマウント系が相当ソフトに作られている印象。それが大荷重のコーナリングとなると、タイヤからドライバーへの情報を曖昧にしてしまう傾向にある。

ブレーキの話と同じで、この手のクルマのユーザーがインフォメーションを大切にドライブする可能性はないという前提なのかもしれない。

次ページは : 【種目4】 迷路全開競争(ジムカーナタイムアタック)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ