最後のガソリンMT車としてどのクルマに乗るべきか? 高騰してないガソリンMT車3選

最後のガソリンMT車としてどのクルマに乗るべきか? 高騰してないガソリンMT車3選

 カーボンニュートラル実現へ向けて、電動車の比率を高めることは避けて通ることはできない。この結果、純ガソリン車の新車は東京都内では2030年まで、
日本では2035年までに販売することはできなくなる。

 すでにフェラーリでもPHVをはじめ電動車を販売していることからわかるように、こうした影響を受けるのはスポーツカーであるのは言うまでもない。

 新車が販売できなくなれば、中古車の人気が高まるのは火を見るより明らかで、今後はピュアガソリン車のスポーツカー特にMT車の価格上昇は必然的に起こるだろう。

 そこで、ここでは最後のガソリンエンジン+MT車に乗るのであれば、どのモデルに乗るべきか。新車、中古車から3モデルをピックアップした。

文/萩原文博
写真/TOYOTA、NISSAN、MAZDA、HONDA、DAIHATSU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】今のうちにいっとく!? 最後のガソリンエンジン+MT車 買うならどれだ!?(18枚)画像ギャラリー

■新型Zは発売前に受注停止!?

2022年6月下旬の発売予定が半導体不足などの影響で2022年夏に変更となり、さらには受注停止となった新型日産 フェアレディZ
2022年6月下旬の発売予定が半導体不足などの影響で2022年夏に変更となり、さらには受注停止となった新型日産 フェアレディZ

 2022年4月に全グレードの価格を発表した新型日産 フェアレディZ。当初6月下旬の発売予定だったが、半導体不足など部品供給の影響で2022年夏に変更となった。

 しかし、7月19日に発表されたアナウンスは7月末で、受注停止というものだった。しかも7月末で注文した方には納期は2年以上と案内されているという。すでに今後実施する予定の一部改良やマイナーチェンジまでに生産できる台数を超えてしまっていることで受注停止となったのだ。

 また、先日ワールドプレミアされた新型シビックタイプRもホンダカーズ東京中央では受注が殺到し、2日で受注を終了し、抽選販売になったという。

 そのほかの地域ではオーダーを受け付けているところもあるが、受注終了は時間の問題。やはりピュアガソリンエンジンを搭載したスポーツカーに人気が集中しているのは間違いない状況だ。

 こうしたモデルは中古車として出回ったとしても新車価格を超えるプレミアム価格となるので、なかなか手が届かない。しかし、これから紹介するモデルは中古車でまだ高騰していない。もしくは新車が手に入るモデルなのだ。

■まだ手が届くガソリンMT車:トヨタ 86(初代)

2012年に登場した初代トヨタ 86。流通する中古車の半分以上がMT車だ
2012年に登場した初代トヨタ 86。流通する中古車の半分以上がMT車だ

 まず、最後のガソリンMT車としてオススメするのは、トヨタ 86だ。2012年に登場した初代トヨタ 86の中古車は約1750台流通していて、そのうち約940台がMT車となっている。

 中古車の平均価格は約207万円。中古車の価格帯は、約98万〜約745.2万円。コンプリートカーなどを除いたノーマル車の最高値は約416万円となっている。

 3カ月前の2022年5月時点での平均価格は約208.8万円なので、初代トヨタ86の中古車は値落ち傾向となっており、絶好の買い時だ。

 様々なアフターパーツも揃っているので、自分の好みに仕立てる楽しさもあるし、ノーマルにこだわるという選択肢もある。アフターパーツが揃っているということは、長く所有する点で見ても安心感は抜群だ。

次ページは : ■まだ手が届くガソリンMT車:マツダ ロードスター(現行型)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!