「捕まるよ」と言っても続出する煽り運転…煽ってくる人たちから身を守るドライブ護身術

捕まえますよと言っても治らない!! 煽っちゃう奴から身を守るための護身術

 煽る人はどんなに注意したって煽ってくる、どんなに厳罰化されたといっても煽ってくる。煽り運転が原因で発生した悲惨な事故が報道されても、厳罰化されても、悪質な煽り運転は後を絶たないというのがその証拠。

 つまり、煽る人を変えようとしても難しい。ならば、彼らから自分の身を守る術を身に着けるしかない。今回は、さまざまな視点から煽りから身を守るための術を考えていきたい。

文/室井 圭、写真/写真AC

【画像ギャラリー】煽る奴は必ずいる!! だからこそ身を守る策を講じよう(8枚)画像ギャラリー

煽り運転の加害者になりやすい人って?

捕まえますよと言っても治らない!! 煽っちゃう奴から身を守るための護身術
匿名性が高いという前提で煽り運転を行う、ストレス発散型ドライバーの場合、撮られているとわかるとスゴスゴと撤退する確率が高い

 まずは煽り運転をしやすい人の特徴を考えていきたい。

 やはり、ハンドルを握ると人が変わったように狂暴化する人は煽り運転をしやすい。普段はとても温厚なのにハンドルを握った途端、クラクションを鳴らしまくったり、車内で怒鳴りまくったり……。当然、これは煽り運転要注意人物だ。

 このような人は、普段は必要以上に他人の目を気にして、温和でやたら気遣いの人を装う傾向がある。そのため、日頃から本当の自分を隠すことに強いストレスを感じていることが多い。その結果、第三者の目が届かないクルマの中という密室では本性が出てしまうのだ。

 タチが悪いのは、どんなに怒鳴っても、クラクションを鳴らしても、幅寄せして嫌がらせをしたとしても、走り去ってしまえば、バレずに逃げおおせると思っているところ。これは匿名性の高いSNSで第三者を攻撃してストレスを解消するという心理状態に似ている。

 ただし、このような匿名だからやっちゃう型の人の場合は、ドライブレコーダーの存在を察知するとハッと我に返り、すごすごと引き下がっていったりする場合も多い。

 もっとも厄介で危険なのは、自分の感情をコントロールできない人。いわゆる「キレやすく、キレると何をしでかすかわからない人」だ。

 こういった人は、いったん怒りのスイッチが入ったらドライブレコーダーの存在なんて目にも入らない、もはやロックオンしたクルマを執拗に追い掛け回すことしか考えられなくなってしまうのだ。こうなったら、誰も止められない……。

「キープレフト」を守るだけで煽られ被害は減らせる!

捕まえますよと言っても治らない!! 煽っちゃう奴から身を守るための護身術
追い越し車線をノロノロと走る行為はあおりを助長する恐れがあるだけではなく、通行帯違反として検挙されることもある。自分の身を守るためにも、キープレフトを心がけよう

 怒りのスイッチがどこで入るかは百人百様だが、こと運転に限っては、進行を邪魔された、割り込まれた、追い抜かれたなど、幅寄せされた、クラクションを鳴らされた場合が多いようだ。

 特にスイッチが入りやすいのが、通行帯違反のクルマに遭遇した時。実際、煽り運転で検挙された時、「追い越し車線をノロノロ、延々と走られ、それに対してイライラして車間を詰めてしまった」と言い訳をするドライバーが多いというデータも発表されている。

 もちろん、いくらイライラしたとはいえ煽ったほうが100%悪いが、道を譲らずに追い越し車線を走り続けたドライバーにも問題があったことも事実だ。

 法定速度内で自分より速度の速い車に追いつかれた場合は進路を譲る義務があり、これを遵守しなくては、通行帯違反として検挙され、反則金6000円(普通車)、違反点数1点が科せられるのだ。

 クルマの走行は一般道も含め、「キープレフト」が原則と心して運転をすることで、煽られるリスクはかなり減らせるはずだ。

次ページは : 「思い込み」をさせないためには?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ