『獣になれない私たち』がそれでも乗りたい 【超硬派グルマ】 11選+α

 最近のクルマは便利すぎる。企画担当は心配だ。そんなクルマに乗ってばかりいると、かつては誰もが持っていた獣の心を失ってしまったりしないだろうか、と。

 獣の心を取り戻せるような、そんなクルマはもうないのか? いや、ある。

 だらけきった心と身体にムチを入れ、内に潜む獣の心を呼び醒ます、そんた硬派なクルマたちを大紹介。

※本稿は2018年10月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年11月10日号


■マルチスズキ ジプシー

新車で買えるインド生まれの2代目ジムニー。男気溢れる作りと広大な荷室が最大の魅力

 日本では1984年に登場したJA51型ジムニー。そのJA51の輸出仕様がSJ413であり、ここで紹介する「ジプシー」はそのSJ413(ロングホイールベース&ワイドトレッド)幌タイプをベースにレジントップを被せ、ハイルーフワゴン風としたもの。

 インドで生産されるこのジプシー、神奈川県厚木市のジムニー・4WD専門店 RV4ワイルドグースでは、なんと新車で販売している(10台限定)。

大きめの後席部サイドウィンドウはスライド式で開閉可能

 エンジンは80馬力/
10.5kgmを発生する直4、1.3L。サスペンションは男気あふれる4輪リーフスプリングだ。全長が80cm延長されたことでラゲッジスペースも広大。趣味のクルマとして最高の相棒となってくれるだろう。価格は285万円~。

①80hpの最高出力を6000rpmで、10.5kgmの最大トルクを4500rpmで発生する1.3ℓエンジン ②SJ30の3型~JA71の2型までと共通デザインのインパネ。インドはイギリス領だったので、右ハンドルとなっている。エアコンもオプションで装着可能 ③延長された全長&ハイルーフで荷室は広い。さらに後席を折りたためばイベント用テントなどの長尺物も収納できる。最大積載量も400kgを誇っており、使い勝手はいい

〈主要諸元〉
●全長×全幅×全高:4010×1540×1845mm
●ホイールベース:2375mm
●出力:80hp/10.5kgm
●ミッション:5速MT
●生産国:インド

硬派度…★★★★☆

RV4ワイルドグース(神奈川県厚木市)
電話:046-294-4567

■UAZ ハンター

ロシア製ならではの“ださカッコよさ”炸裂

 ロシアの自動車メーカー、UAZが製造するコンパクトなSUVが写真のハンター。レトロで、どこかユーモラスな顔つきが魅力だ。性能はパートタイム式4WDで最低地上高も210mmとバッチリ。ミッションは5MT。価格は385万円~。

全長、全幅のサイズは現行エスクード程度。意外とコンパクトなのだ

内装もシンプルかつレトロ感溢れるが、パワステやクーラーなどの快適装備は備えられている

〈主要諸元〉
●全長×全幅×全高:4100×1730×2010mm
●排気量:2693cc(ガソリン)
●出力:128hp/21.4kgm

硬派度…★★★★☆

UAZジャポン(東京都新宿区)
電話:03-3341-1190

■NEO STEEL ジムトラ

先代ジムニーベースのスタイリッシュトラック

 農家のユーザーからの依頼がきっかけで誕生した、先代ジムニーベースのトラックが「ジムトラ」。トラック仕様への加工のみのものが145万円~で、3インチアップするサスなど組んだものが185万円~など、仕様により価格が異なる。ナンバーは白ナンバー。

荷台長×荷台幅は1800×1560mmと実用的。最大積載量は100kg

シュノーケルも装着される最上級グレード「ハイスペック」は250万円~

硬派度…★★★★☆

ネオスチール(熊本県北区)
電話:096-273-2277

■イケヤ フォーミュラ IF-02RDS

そのスタイルはまさに公道を走るフォーミュラーマシン。体感すべし!

 通常のMTをベースに、シンクロの代わりにドグクラッチをギア間に備えることで自動かつシームレスにシフトアップするミッション「IST」。そのISTのよさを多くの人に理解してもらうために作られたのが、このIF-02RDSだ。

 ミドに搭載するエンジンはインテグラタイプRのK20A型にターボを架装したもので、出力は約350ps。お値段は3000万円とさすがに安くはないが、この走りは体験する価値アリ! 当然、公道走行可能。

エンジン&ミッションも凄いが、リアカウルを開けると見えるサスも凄い

極めてレーシーな雰囲気だがエアコンは装備されているので、ひと安心

〈主要諸元〉
●全長×全幅×全高:4660×1975×1080mm
●ホイールベース:2750mm
●エンジン:K20A型 VTEC + ターボ
●出力:約350ps
●ミッション:IST(5速)

硬派度…★★★★☆

イケヤフォーミュラ(栃木県鹿沼市)
電話:0289-64-5652

■AC Zenos ZENOS E10

随所に見られるレースマインドみなぎる設計

全長×全幅×全高=3800×1870×1130mmで、ホイールベースは2300mm。ミッションは5速(E10Sは6速)だ

 700kgの車体に200ps(E10Sは250ps)を発生するフォード製2Lエンジンを搭載したライトウェイトスポーツ。価格は750万円~という感じ。400psのターボもあるので、ウデ自慢の方はどうぞ。

キレイにまとめられた内装で走りに集中できる

硬派度…★★★★☆

ゼノスカーズジャパン(埼玉県入間郡三芳町)
電話:049-257-4117

■MORGAN 4/4

80年前の空気を感じながら走り抜けろ!

クラシカルな美しさが際だつ4/4のボディ。全長×全幅×全高は4010×1630×1220mm。ミッションは5速MT

 4/4の登場は1936年。以来、80年間、基本構造を変えずに生産され続けている。800kgの車体に搭載されるエンジンは112
ps/13.4kgmを発生するフォード製の1.6L、直4。価格は766万8000円。

ドライバーが一番見やすい位置に回転計を配置

硬派度…★★★☆☆

モーガンカーズ・ジャパン(東京都大田区)

■LOTUS 3-ELEVEN

ロータスが誇る究極マシンを乗りこなせるか

 全世界311台限定で販売。レースバージョンとロードバージョンが存在し、多少マイルドなロードバージョンでも925kgの車体に416ps発生の3.5Lエンジンを搭載している。1495万8000円。ちなみにレースバージョンは、搭載エンジンこそ同一ながら、出力が466ps
/53.5kgmにアップ。

スーパーチャージャーにより過給されるハイパワーな3.5LのV6エンジンを、6速MTで操る。0-100km/h加速タイムは3.4秒、最高速は280km/hだ。アナタに扱いきれるか?

硬派度…★★★★★

エルシーアイ(東京都大田区)

■RADICAL RXC turbo

公道で味わえるリアル ル・マンテイスト

ラディカル初となるクローズドボディモデルで、全長×全幅×全高は4210×1960×1170mm。車重は940kgだ

 460ps/69.1kgmを発生する3.5LのV6ツインターボエンジンを搭載し、ミッションは7速シーケンシャルドグミッション+パドルシフト。価格は2600万円と、いろいろ硬派で凄さ際だちまくり。

スパルタンな雰囲気だが、装備はそれなりに充実

硬派度…★★★★★

エス・ティー・オー(静岡県三島市)
電話:055-991-5235

■KTM X-BOW

2輪メーカーが作る4輪の走りを味わえ!

 オーストリアの2輪メーカー、KTMによるスポーツカーで「クロスボゥ」と読む。写真はウインドスクリーンを備えたGTグレードで、カーボンモノコック構造を採用した軽量な車体に285ps/42.8kgmを発生する2Lの直4ターボエンジンを搭載する。ミッションは6速MT。価格は1420万2000円。

ウインドスクリーンを持たないRグレードも存在し、そちらの出力は300ps/40.8kgm(1312万2000円)。ちなみにシートは固定なので、ドラポジ合わせはペダルのほうを移動させて行う

硬派度…★★★★☆

エスシーアイ(東京都大田区)

■POLARIS DEFENSE MRZRTM 4

米軍でも正式採用される本物オフロードビークル

 アプローチ63°、デパーチャー75°という優れた対地障害角を持ち、米軍にも認められた性能を持つオフロードビークル。全長3590×全幅1550×全高1880mmの車体に、875ccの2気筒エンジンを搭載する。操縦には大型特殊免許が必要となるが公道で走行可能。価格は現段階で未定とのこと。

硬派度…★★★★☆

ホワイトハウス オートモービル(愛知県名古屋市)
電話:0561-37-5455

■UAZ バン2206

ロシア製だからもちろん“ださカッコいい”

 ロシアのUAZで製造されるバンモデルで、外観は50年以上ほとんど変わっていない。全長は約4360㎜と短いが、全幅は1940㎜とそれなりに大きい。搭載エンジンは2.7ℓのガソリンでミッションは5速MT。価格はクラシックバンが385万円、60周年記念限定車のジュビリーが400万円。

硬派度…★★★★☆

UAZジャポン(東京都新宿区)
電話:03-3341-1190

■レズヴァニ  TANK ミリタリーエディション

扱っているお店はないが日本導入熱烈希望の硬派車

 カリフォルニアの自動車メーカー、レズヴァニ社はなかなかユニークなクルマを製造する。ここで紹介するモデルは同社が昨年10月に発表したSUV、「タンク」をベースにしたのもので、ボディとウィンドウは民生規格最高レベル「B7」の防弾仕様とされているほか、なんと煙幕を張ることも可能だという。

 エンジンは標準で500hpの6.4L、V8を積むが、700hp以上を発生する6.2L V8のスーパーチャージャーエンジンも用意されているとか。価格は日本円換算で約3300万円~とのことだが、ぜひ日本でも販売してほしい。たぶん、ひとりくらいは買ってくれる。

このクルマにだけは轢かれたくないと思わせる重量感タップリの外観が魅力


【番外コラム】 国産にも確かに存在していた骨太硬派な名車たち

フツーのクルマとはチト違う。そんなクセモノ車をご紹介

 車線をハミ出ぬよう手助けしてくれるなど、ユーザーを甘やかしまくる最近の国産車だが、かつてはクルマと格闘するかのように乗らねばならない骨太硬派なクルマたちも、それなりに存在していた。

 あまりに過去に遡るとそんなクルマばかりになってしまうので、ここでは記憶に新しいところから数台を見繕ってみた。「あったあった」と膝を打ちながら読み進めていただければ幸いだ。

 ちなみに担当のオススメは、2代目アクティに設定された「クローラ」。ゴム製の履帯を外すと普通に6輪車として走れてしまう(真ん中の車輪は駆動しない)。メーカーにもカラー写真が残っていないというあたりも、なんとも硬派で素晴らしい。

●TRD コンフォートGT-Z スーパーチャージャー

 TRDがコンフォート教習車をベースに2003年に製作。2Lの3S-FEエンジンにスーパーチャージャーを装着し、車高も低められた。

●AUTECH ステージア260RS

 初代ステージアにR33GT-Rのパワートレーンを移植して1997年登場。ミッションは5速MTのみの設定でクラッチペダルもけっこうな踏み応え。硬派なワゴンだった。

●DAIHATSU ストーリアX4

 競技参戦を狙い713ccとされたエンジンは、120という出力を発生。初期に生産されたものはクラッチがメタル製のため、発進時など、扱いにやや神経を使わされた。

●ホンダ アクティクローラ

 企画担当イチオシの一台。1994年登場。背中がすべてを語っている

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ