新型買えなかった人が大挙するのも時間の問題?? どうしても欲しいなら急ぐべし! タイプRは中古で狙え!!!

新型買えなかった人が大挙するのは時間の問題?? どうしても欲しいなら急ぐべし! タイプRは中古で狙え!!!

 2022年9月1日、満を持して発売となったホンダ 新型シビックタイプR。ホンダいわく「これまでで最も強力で、最高のパフォーマンスを発揮する」とのこと。……欲しい! と思うわけだが、どうせ高いんでしょ? と思ってフタを開けてみると、税込みで499万7300円。前回の「リミテッドエディション」の550万円よりは安いけど、やっぱり苦しい。ならばここはひとつ、「中古のシビック タイプR」を狙いたい!

 中古で買える歴代シビックタイプRの相場状況を詳しくご紹介!

※本稿は2022年7月のものです
文/斎藤 聡、伊達軍曹、写真/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】これでタイプR完全攻略!! 歴代&新型をギャラリーでチェック!(28枚)画像ギャラリー

■初代(EK9・1997年登場/中古相場:約190万~500万円)

●初代(EK9・1997年登場)
・年式:1997年~2001年
・新車時価格:169.8万~219.8万円
・中古相場:約190万~500万円
・入手しやすさ:★★★★☆
・中古車おススメ度:★★★★★

初代シビックタイプRはNSX、インテグラに次ぐタイプRの第3弾として1997年に登場。車重1050kgという軽さも武器だった

●20年以上経過するモデルだが中古車の人気は高い

 6代目シビックのマイナーチェンジが行われた1997年8月に追加された、記念すべき初代シビックタイプR。パワートレーンは、最高出力185ps/8200rpmのB16B型1.6L直4DOHC-VTEC+5MTだった。

●中古車購入ポイントは?

 流通台数は全国で約80台と、歴代シビックタイプRのなかでは2番目に豊富で中古車は探しやすい。ただし人気が高い世代であるため相場は上昇中であり、直近は190万~500万円といったところ。走行20万km超の修復歴あり車でも200万円を軽く超え、専門店がビシッとリフレッシュさせた個体は400万円を超える。

 予算に余裕がある場合は専門店仕上げのノーマルに近い個体を350万円~の予算で探したいところだが、もう少し手頃な予算で手を打ちたい場合は200万円後半のゾーンに注目を。もはや走行距離うんぬんではなく“整備履歴と使用履歴”を重視して選ぶべき世代だ。

■2代目(EP3・2001年登場/中古相場:約110万~270万円)

●2代目(EP3・2001年登場)
・年式:2001年~2005年
・新車時価格:220.0万~255.0万円
・中古相場:約110万~270万円
・入手しやすさ:★★★★☆
・中古車おススメ度:★★★☆☆

2代目タイプRはイギリス工場製で2001年に登場。2Lに拡大されたVTECエンジンは215ps/20.6kgmを発揮。これに6MTが組み合わされる

●2Lに拡大された2代目の中古車相場はやや安め

 7代目シビック発売から1年後の2001年12月に登場した2代目のシビックタイプR。搭載エンジンは2LのK20A R-Spec(最高出力215ps)に変わり、トランスミッションもフロア5MTから、インパネから生える6MTに変更されている。

●中古車購入ポイントは?

 中古車の流通量は全国で約50台。初代よりもやや人気薄な分だけやや少なめで、相場も110万~270万円といくぶん安めになっている。

 手頃な予算で狙いたい場合にマークすべきは車両150万円前後のゾーンだが、「いいモノに長く乗りたい」という場合には、車両220万円超の各部リフレッシュずみ物件がいい。安いモノを買っても、結局は高めな物件を買うのと同程度か、それ以上の整備代がかかることは多い。

次ページは : ■3代目(FD2・2007年登場/中古相場:約180万~600万円)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ