脳天突き抜ける快感!! 10秒限定過給圧アップのギミックよ……ホンダ・シティはアツかった

脳天突き抜ける快感!! 10秒限定過給圧アップのギミックよ……ホンダ・シティはアツかった

 いまだに忘れられない強烈な印象を残しているクルマ、そのひとつにホンダのシティがある。それまでのクルマとは違う方向性を持ってつくられ、5年ほどの間、大いに世間を楽しませてくれた。

 世間のニーズをマーケティングしてそれに合わせたクルマをつくる、というのではなく、世間を引っ張っていくというような発想でつくられているクルマ。あの頃のホンダだからこそ生まれ得たユニークさがあって、思い返すとなにか話題づくりのために登場したアドバルーンのようにも思えたりする。

 ベイシックカーだからこそ楽しみを盛り込みたい、そんな遊び心も感じられ、クルマ好きは共鳴したものだ。

文、写真/いのうえ・こーいち

【画像ギャラリー】シティ!! シティ!! ホンダホンダホンダホンダ……小さなボディに遊び心を満載したホンダ シティ(6枚)画像ギャラリー

■個性的なベイシックカー

1981年に登場したホンダ シティ。イギリスのバンド「マッドネス」が演奏&出演したテレビCMは当時の小学生がこぞって真似をし、クルマに乗らない世代までが知っている人気車だった
1981年に登場したホンダ シティ。イギリスのバンド「マッドネス」が演奏&出演したテレビCMは当時の小学生がこぞって真似をし、クルマに乗らない世代までが知っている人気車だった

 なにがといって「トールボーイ」という発想は、それまでの常識とは逆のようなものであった。当時も、空力的に優れたクルマが速く燃費もよく……と散々いわれ、低くスマートなクルマが理想とされていた。そこに居住性のために背を高くしよう、というのだから。

 10人中8人までは反対するかもしれないけれど、残る2人は「これは面白い」と共鳴してしまったりするのだ。「トールボーイ」の発想は、いまも「軽」の基本的スタイルとして生きている。

 シヴィリアン・カー「市民のクルマ」を目して誕生したホンダ・シビックが上級移行、空いてしまったベイシックカーのジャンルに計画されたのがシティである。

 コンパクトなサイズでありながら、室内空間を確保するために普通よりも100mmほど背を高くした。逆にいうとそんなに高くはなっていないのだが「トールボーイ」などと宣伝して、強調する辺りもホンダらしい「仕掛け」が感じられる。

 「スネークダンス」を使った当時のTV-CFを思い出しても、なんだかシティは楽しそうなクルマ、と注目させられたものだ。「モトコンポ」などという、シティのリアにそっくり搭載可能な折り畳み式小型バイクもつくられた。

 四角い背の高い3ドア2ボックス。無理をして4ドアをラインアップしなかったのも、シティらしさ、であった。2220mmのホイールベース、3.4mほどの全長に1470mmの全高というのが基本寸法。直列4気筒SOHC1.2Lエンジンを横置き搭載した前輪駆動というのは、もはや小型車の公式のようなものであった。

次ページは : ■巧みなラインアップ展開

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!