CR-X、シティターボII…時代を突き抜けたホンダ車と今後ホンダに出してほしいクルマ


■初代シティ/シティターボIIブルドッグのような過激さが今欲しい!

1982年9月にシティターボ(100ps/15.0kgmの1.2L、直4ターボ)が発売。続いて写真のインタークーラーターボを備える1.2L、直4ターボのシティターボII(110ps/16.3kgm)が1983年11月に発売
CMで放映されたシティターボIIのCMにはロボットのブルドッグが…

初代シティターボIIの中古車情報はこちら!

 続いては1981年に登場した初代シティ。背の高いトールボーイスタイルという外観デザインを採用し、コンパクトなボディながら広い室内空間を確保したモデルだ。この外観デザインだけでも突き抜けているが、さらに突き抜けているのは、シティと同時に開発されたトライクバイクの「モトコンポ」の存在。

 シティ搭載用のトライクバイクとして開発したモトコンポによる6輪ライフの提案を試みたところがこれまでの常識を越えている。シティは従来のクルマの概念にとらわれず、居住性や燃費、動力性能などクルマの機能を最大に追求。

 その一方で人のためのスペースは最大に、 メカニズムは最小にするM・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想に基づいて設計された都会的な感覚をもつ若者をターゲットとしたニューコンセプトカーだった。

シティターボIIのエンジンは、アクセルを踏み込んだ瞬間の強力な加速応答性を可能としている

 ビジネスモデルのプロやピニンファリナが手がけたカブリオレなどもあるシティだが、やはり最も突き抜けたモデルといえば、1983年10月に“ブルドッグ”の愛称で登場したシティターボIIだ。

 最高出力110psを発生するエンジンは専用に燃焼室形状を変更し、アンチノック性能を向上させたニューコンバックスエンジンを搭載。

 さらに小型、高効率のインタークーラー、小型・高回転のターボチャージャー、そして過給圧を制御するウエストゲートコントロール機構を備えた電子制御燃料噴射装置のPGM F-1を採用している。

 高出力エンジンに対応したチューニングを施したサスペンションなどにより軽快なフットワークを実現している。

 現在シティターボIIの中古車は3台流通していて価格帯は約169万~約225万円と新車時価格の123万円を上回っている。ちなみにターボIは1台しか流通しておらず、価格は約135万円でターボII以上にレアな存在となっているのだ。

■2代目CR-X/リッター100馬力を達成したテンロクスポーツ

1989年9月に追加された2代目CR-X SiRは1.6Lで160ps、車重1000kgという今ではとても考えられないスペックを誇っていた

2代目CR-Xの中古車情報はこちら!

 1987年に登場したCR-Xも突き抜けたモデルだ。先代のバラードCR-Xのほうがスゴイという意見もあると思うが、2代目CR-Xはシビック同様に新開発の4輪ダブルウィッシュボーンサスを全車に採用しているのがポイントだ。

 さらに走りの効率を追求するため、テールラインの整流効果向上をはじめ、細部まで徹底したフラッシュサーフェス化によりCD値0.30という優れた空力特性を発揮している。

 そして極めつけは1989年9月に追加されたリッター当たり100馬力という驚異的なハイパワーを実現した最高出力160psを発生する1.6L、直4VTECエンジンを搭載するSiRの存在だ。

 SiRには新開発のビスカス・カップリングLSDを搭載するなど、当時のテンロクモデルとしては最高のスペックを誇っていた。

 現在CR-Xの中古車は約13台流通していて、価格帯は約98万~約350万円。平均価格は約183万円となっている。そのうちVTECエンジンを搭載したSiRは約4台で価格はすべて200万円以上となっている。

次ページは : ■ホンダ ビート/このクルマなくしてはS660は生まれなかった

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ