ジムニーがまさかの3位止まり? 5年落ちの軽自動車で一番高く売れるのはまさかのクルマ!

ジムニーがまさかの3位止まり? 5年落ちの軽自動車で一番高く売れるのはまさかのクルマ!

 世界的な半導体不足を要因とする、新車の納期遅延が続いている。新車が手に入らないため、ユーザーは中古車に選択肢の幅を拡大させた結果、中古車相場の高騰が起こっている。

 そんな中古車相場の高騰の裏で、買い取り価格の上昇も起きているのではないかということで、リセールバリューの高い軽自動車10モデルを調べてみた。

 選定方法は、5年落ちの2017年式の中古車の買い取り価格を新車価格で割った残価率とした。1車種の中で最も高い残価率を示したグレードによってランキングを作成した。

 セールスが好調なスーパーハイトワゴンを抑えて、No.1に輝いたクルマははたして?

文/萩原文博、写真/AdobeStock(トビラ画像=xiaosan@AdobeStock)、ベストカーWeb編集部(※掲載写真は当該グレードと異なる場合があります)

【画像ギャラリー】トップはどのクルマだ!? 軽自動車のリセールバリューナンバーワンを決める「軽ワン グランプリ」開催!!(10枚)画像ギャラリー

■10位:ダイハツ コペンセロMT車(残価率69.1%)

ダイハツ コペンセロ。ちなみに、コペンセロCVT車の残価率は65.3%。セロSのMT車の残価率は66.6%と、現行型コペンはほとんどのグレードで残価率60%をキープ
ダイハツ コペンセロ。ちなみに、コペンセロCVT車の残価率は65.3%。セロSのMT車の残価率は66.6%と、現行型コペンはほとんどのグレードで残価率60%をキープ

 小型・普通車編では、10位のモデルでも残価率は70%台だったが、軽自動車の第10位は残価率69.1%でコペンセロのMT車がランクインした。

 2022年6月に生誕20周年記念車を1,000台限定で発売したが、即完売となるなど軽オープンカーのコペンは安定した人気を誇り、残価率も高くなっている。

 ちなみに、コペンセロのCVT車の残価率は65.3%。ビルシュタインサスペンションなどを装着したセロSのMT車の残価率は66.6%と、現行型コペンはほとんどのグレードで残価率60%をキープしているのだ。

 2017年式なのでGR-SPORTはないが、このグレードならばさらに高い残価率を示すのではないだろうか。

■9位:スズキ アルトラパンL 4WD(残価率70.5%)

スズキ アルトラパンL。4WDで驚異の残価率70%台をキープ
スズキ アルトラパンL。4WDで驚異の残価率70%台をキープ

 2022年6月に一部改良を行うと同時にレトロ感漂う新グレードの「ラパンLC」を追加したアルトラパン。2015年登場してから7年が経過しているが、ラパンL 4WDの残価率は70.5%と驚異の70%台をキープした。

 アルファードなどのミニバンなどでは、4WDより2WDのほうが残価率は高くなる傾向があるのだが、軽自動車は4WD車優勢がトレンド。4WD車を設定している多くのグレードで4WDのほうが残価率は高くなる。これは軽自動車の中古車は4WDが圧倒的に少ないことが影響していると考えられる。

 アルトラパンの興味深いところは、2WDより4WDが高いことではなく、グレードのよる買い取り価格の差が非常に小さいこと。したがって新車時価格の高い上位グレードではなく、スタンダードなLグレードの残価率が高くなっているのだ。

 これはアルトラパンの場合、グレードによる装備差が小さいということも影響しているのではないかと言える。

次ページは : ■8位:ホンダ N-BOXカスタムG・Lパッケージホンダセンシング4WD(残価率71.4%)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!