安全装備充実!? 排気量アップ!? マイナーチェンジでクルマは売れるのか?

クルマにはモデルチェンジと呼ばれる概念が非常に多くある。

まったくの新型になる「フルモデルチェンジ」をはじめ、小改良を指す「マイナーチェンジ」、エンジン変更など大きな変更を指す「ビッグマイナーチェンジ」などさまざま。

近年はマイナーチェンジの回数が減少傾向にはあるものの、果たして商品力が向上しているのか疑問符がつくマイナーチェンジも多い。

逆に一部車種では毎年のようにマイナーチェンジを繰り返し、モデルを熟成していく傾向もある。しかしそれには多くの開発費も必要で、果たしてそれで本当に元が取れるのだろうか。

マイナーチェンジのなぞに迫ります。

文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
ベストカー2018年12月26日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ