新型プリウス発表は1月末!? 最大限の努力も納期が厳しい?? 待ち遠しい新型プリウス最新情報

新型プリウス発表は1月末!? 最大限の努力も納期が厳しい?? 待ち遠しい新型プリウス最新情報

 新型プリウスの話題でもちきりの2022年。新時代の幕開けを実感し、プリウスというクルマの凄さを、まざまざと見せつけられた形だ。ところがどうも販売面でのスケジュールが変更されつつあるという。果たしてこれは何を意味するのか?

文/ジョー城ヶ崎、写真/TOYOTA

■ラインオフが後ろ倒しに!? 販売スケジュールが遅れている模様

2022年11月16日に発表された5代目となる新型トヨタ プリウス。ワールドプレミアの華々しさとは裏腹に、当初計画されていた販売スケジュールの変更を余儀なくされているという
2022年11月16日に発表された5代目となる新型トヨタ プリウス。ワールドプレミアの華々しさとは裏腹に、当初計画されていた販売スケジュールの変更を余儀なくされているという

 新型プリウスに関しては、ワールドプレミア前に国内販売店向けの発表までのスケジュールが立てられていた。10月後半には、既にワールドプレミアやラインオフ、そして販売店への展示車・試乗車の配車スケジュールを加味した、店頭発表会の予定までが発信されている(※以下スケジュールは筆者調べ)。

 ワールドプレミアが予定通り行われ、事がスムーズに進めば、12月9日にはラインオフ(生産開始)、そして2023年1月10日に新型プリウスが記者発表(PHEVは2023年3月1日に記者発表)、1月28日には販売店で新型プリウスの姿を拝める店頭発表会が予定されていたという。

 しかし、ワールドプレミアから3日後の11月19日、トヨタ販売店各社へメーカーから送られてきたのは、生産開始と店頭発表会延期の知らせだった。

 変更後のスケジュールは、12月22日に生産開始(当初予定より約2週間遅れ)となり、販売店への配車時期が後ろにずれ込むことを予想してか、店頭発表会が2月4日(当初予定より6日遅れ)からとなっている。販売価格等の発表時期も、若干後ろ倒しされた格好だ。

 開発の関係か、それとも資材調達等の遅れなのか、その理由ははっきりとわかってはいない。来年1月10日の記者発表は、今のところ変更なし。この遅れは、販売計画の中枢を揺るがすようなものではないようだ。

 しかし、トントン拍子に販売まで進めることができなかったプリウスの状況を見ると、今の世の中が、いかにクルマの生産に対して厳しいものかが読み取れる。

 厳しい状況ながらも、新しいクルマを数多く発表・発売してくれるトヨタ自動車の血のにじむ努力には心から敬意を表したい。これ以上の遅れが生じないことを切に願い、新型プリウスとの対面を待ちたいところだ。

次ページは : ■最大の努力をするも納期が縮まらないもどかしさ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します