新型プリウス「激推しグレード」判明!! オプションもわかったぞ!! 価格も魅力的……だよね!?

詳報判明! 新型プリウスのスペックとグレード別装備がわかったぞ

 11月16日にワールドプレミアが行われた新型プリウス。PHEVのラインナップやデザインなどは確認できたものの、車両の細かな情報は出てこなかった。

 発表から日にちが経ち、詳細なスペックやグレード別装備の内容が明らかとなってきている。新型プリウスの詳細をお伝えしていこう。

文/ジョー城ヶ崎、写真/TOYOTA

公式発表から独自スクープまで!! 「新型プリウス」まとめました


■ボディサイズは予想通り! 室内は少し狭くなったか

2022年11月16日に公開された新型トヨタ プリウス。長く、低くというスタイルが精悍な印象だ

 まずはボディサイズから見ていく。事前の予想通り、全長は長く、全幅は広く、そして全高は低くなり、ロー&ワイドが際立つ数値となった。

●ボディスペック(カッコ内は50系プリウスの数値)
全長:4,600mm(4,575mm) +15mm
全幅:1,780mm(1,760mm) +20mm
全高:1420mm ※ZとPHEVは1,430mm(1,470mm) -50mm
ホイールベース:2,750mm(2,700mm) +50mm
トレッド:フロント1,560mm リア1,570mm(1530mm/1540mm)
最低地上高:145mm ※ZとPHEVは150mm(130mm) +15mm
車両重量:U 1,360kg G 1,400kg Z 1,430kg PHEV 1,570kg(先代HEV1,360kg)
最小回転半径:U 5.3m G・Z 5.4m(5.1m) +0.3m
タイヤサイズ:U 195/60R17 G・Z・PHEV 195/50R19(195/65R15)

 全長・全幅は拡大したものの、ルーフが大きく下がったため、室内の広さは数値上小さくなった。実際に乗ってみて、この差をどう感じるかは注目だ

●室内サイズ(カッコ内は50系プリウスの数値)
室内長:1,840mm(2,110mm) -70mm
室内幅:1,500mm(1,490mm) +10mm
室内高:1,130mm ※PHEVは1,135mm(1,195mm) -65mm

新型トヨタ プリウス(2.0L HEV プロトタイプ)

■1.8Lモデルのモーターパワー増強もアツい

 搭載されるパワートレインは2種類。1.8Lのハイブリッドと2.0Lのハイブリッドだ。PHEVは2.0Lのハイブリッドをベースにしている。

 2.0Lモデルはエンジンパワーだけでなく、モーターパワーも増大。リアモーターの出力も大きくなり、E-fourでは今までのようなアシスト一辺倒ではなく、リアモーターがあるからこそ実現する走行性能にも注目したい。

 サスペンションはフロントにマクファーソンストラット式、リアにダブルウィッシュボーン式を採用、ブレーキはフロントにベンチレーテッドディスク、リアにディスクと、先代と表記上の仕様は変わらない。

 数値上はボディサイズからパワートレインスペックに至るまで、大きな変化をした新型プリウス。この数字を現車ではどう感じるのか、楽しみだ(紹介した新型プリウスの数値は開発目標値であり、開発の過程で変更となる可能性があります)。

●ハイブリッドシステムスペック(カッコ内は50系プリウスの数値)
【1.8Lモデル】
エンジン型式:2ZR-FXE(2ZR-FXE)
総排気量:1.797L(1.797L)
最高出力:72kW/98PS(72kW/98PS)
最大トルク142Nm/14.5kgfm(142Nm/14.5kgfm)

フロントモーター
型式:1VM(1NM)
最高出力:70kW/95PS(53kW/72PS)
最大トルク:185Nm/18.9kgfm(163Nm/16.6kgfm)
リアモーターは型式・出力等詳細不明
動力発生電池:リチウムイオン電池(リチウムイオン電池とニッケル水素電池)
WLTCモード燃費:32.6km/L(30.8km/L)

 エンジンスペックは数値上同じだが、モーター出力が大きく上がり、ハイブリッドシステム全体としては性能アップとなっている。1.8Lモデルでも、先代よりもパワフルな走りが期待できそうだ。

【2.0Lモデル】
エンジン型式:M20A-FXS
総排気量:1.986L
最高出力:112kW/152PS
最大トルク188Nm/19.2kgfm

フロントモーター
型式:1VM(1NM)
最高出力:83kW/113PS
最大トルク:206Nm/21.0kgfm

リアモーター
型式:1WM(先代1.8Lは1NM)
最高出力30kW/41PS(先代1.8Lは5.3kW/7.2PS)
最大トルク84Nm/8.6kgfm(先代1.8Lは55Nm/5.6kgfm)
動力発生電池:リチウムイオン電池(リチウムイオン電池とニッケル水素電池)
WLTCモード燃費:G 31.5km/L[E-four29.2km/L] Z 28.6km/L[E-four26.7km/L] PHEV 23.0km/L ※各モデルハイブリッド燃料消費率を表示

次ページは : ■グレードはPHEVを含めて5種類で展開

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ