「ミニバンは顔がすべて」!?? 2023年5月登場の新型アルファードに期待される性能とデザイン

「ミニバンは顔がすべて」!?? 2023年5月登場の新型アルファードに期待される性能とデザイン

 いよいよフルモデルチェンジのタイミングが近づいてきた、トヨタ「アルファード」。ベストカーの最新情報では、2023年5月の登場とされている。

 ラージサイズミニバンとして、ライバル不在の強さを誇るアルファードの次期型モデルは、心待ちにしている人も多いはず。はたして次期型アルファードは、どのような姿で登場するのか!?? 最近のトヨタ新型車の傾向から、期待したい性能とデザインを考えてみよう。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、LEXUS、ベストカー編集部

パワートレインは、新型2.5Lハイブリッドと新型2.4Lガソリンターボの2種

 次期型アルファードの登場は、当初2023年春ごろとされていたが、ベストカーが掴んだ最新の情報によると、生産体制を整えるという理由で延期となり、登場は早くても来年5~6月になるとのこと。すでに車両開発は終え、いまは、初期受注からスタートダッシュをかけるための準備をしている段階だろう。ランクルやハリアーのように2年も3年も待たされることがないよう、期待したいところだ。

 さて、まずは次期型アルファードのパワートレインから考えてみよう。現行アルファードには、2.5L直4ガソリン、2.5L直4ハイブリッド、そして3.5L V6ガソリンの3基が用意されている。トヨタ販売店によると、もっとも人気があるモデルは、2.5Lガソリン車のS_Cパッケージ(税込468万円~)、次いで2.5Lハイブリッド(E-Four)だという。

 これが、次期型アルファードでは、2.5L直4ハイブリッド(A25A-FXS)と、2.4L直4ガソリンターボ(T24A-FTS)の2種類になる、というのが最新情報だ。前者はカムリをはじめとして、RAV4、ハリアー、クラウンクロスオーバーにも搭載されているベーシックなハイブリッドユニット、後者は、現行アルファードの3.5L V6ガソリン車の代替となるハイパワー型ユニットであり、RX350やNX350にも搭載されている、最高出力280psのユニットと同じものになる見込み。新型クラウンRSに搭載された2.4Lターボハイブリッドの可能性もなくはないが、ラージミニバンというキャラクターには不釣り合いなスポーツ向けのキャラクターのエンジンなので、マッチさせることはないだろう。

 ただ、この2種類となると、現行アルファードの2.5L直4ガソリンエンジンに相当する廉価ユニットが、存在しないことになる。2030年以降の本格的なBEV時代の前に、ハイブリッドの普及を更に進めたいトヨタとしては、全車ハイブリッドにしたいという思惑もあるだろうが、当然、そのぶん車両価格は跳ね上がる。

 廉価なガソリングレードを設定しないのであれば、2.5LハイブリッドにもFFモデルを設定し、エントリー価格を抑えた仕様を用意するなどの施策が必要だと考えられ(現行の2.5Lハイブリッドは全車E-Four)、筆者は、2.5L直4ハイブリッド車にはFFとE-Fourを設定、2.4Lガソリンターボは4WDで、最上級グレードとして、プラグインハイブリッドを用意するのではないか、と予想している。

次期型アルファードには、2.5L直4ハイブリッドと、2.4Lガソリンターボが用意される。後者はRX350、NX350に搭載される2.4Lガソリンターボのユニットと同じと予想
次期型アルファードには、2.5L直4ハイブリッドと、2.4Lガソリンターボが用意される。後者はRX350、NX350に搭載される2.4Lガソリンターボのユニットと同じと予想

次ページは : 次期アルファードはランクル風の顔になると予想!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!