N-BOX追撃間近!! タント快進撃のワケはホントにファンクロスか!?

N-BOX追撃間近!! タント快進撃のワケはホントにファンクロスか!?

 N-BOXとかなりいい勝負を繰り広げているダイハツ タント。マイチェンでSUV風モデル「ファンクロス」は追加されたことが話題になっているが、快進撃のワケは本当にそれだけ!? ダイハツディーラーの声とともに、タントのN-BOX追撃作戦を追う。

文:佐々木亘/写真:ダイハツ・ホンダ・ベストカーWeb編集部

■販売台数が大幅改善!難敵N-BOXを追い越すことはできるのか?

タントカスタムは当初この顔。ライバルよりも大人しい印象であり、そこも敗因のひとつと考えたようだ
タントカスタムは当初この顔。ライバルよりも大人しい印象であり、そこも敗因のひとつと考えたようだ

 2022年上半期に国内で最も販売されたクルマはN-BOXだ。登録車も含め、No.1の座についている。2021年の車名別新車販売ランキングも軽自動車部門でN-BOXがトップであり、7年間トップをキープ。

 ライバルN-BOXに対して、大きく後れを取っていたタントだが、直近の販売実績は回復している。

タントのマイナーチェンジ前となる、2022年9月の新車販売台数では、N-BOXが単月で1万9411台を販売したのに対し、タントは9878台と、約1万台の差が。マイチェン前で販売が伸びにくい時期でもあるが、それを踏まえても、この差は大きい。

 これが1か月後の2022年10月になると大きく変化した。相変わらずの好調な販売実績を続けるN-BOXは1万6369台。対するタントはというと1万4981台と大きく盛り返したのだ。モデルチェンジの効果もあってか、その差は約1,300台と大きく縮まっている。

 続く11月も、N-BOXが1万7474台、タントが1万4998台と若干競り負けている感はあるが、追撃できそうな勢いを感じられるようになってきた。ちなみに直近12月はN-BOXが1万6760台、タントが1万2160台であった。好調のカギはニューモデルのファンクロスが握るのか、それともベース車やカスタムの実力にかかっているのかが、気になるところだ。

■ムーヴからタントへ買い替える人増加中!! タント復権の中身とは

タントシリーズでもっとも人気なのはド迫力フェイスが自慢のカスタム。ついでファンクロス、ノーマルモデルといった順位
タントシリーズでもっとも人気なのはド迫力フェイスが自慢のカスタム。ついでファンクロス、ノーマルモデルといった順位

 ダイハツから発表されたタントの発売1か月時点での受注台数は約5万台だ。月販目標台数の1万2500台の4倍を超える、好調な立ち上がりとなっている。

 タイプ別の販売構成は、タントが約20%、カスタムが約55%、ファンクロスが約25%となった。それぞれの購入層は明確に分かれており、ファンクロスが新規のユーザーを獲得している現状がよくわかる。

 一方、販売現場で話を聞くと、N-BOXとタントの差を縮めた要因がクッキリと見えてきた。タントからタントへの乗り換えは、これまで保有していたタイプと同タイプへ乗り換える動きが強いようだ。

 タントならタントへ、カスタムならカスタムへ乗り換える。さらに、ダイハツユーザーの中ではムーヴからタントへ乗り換えるという動きも加速しているという。

次ページは : ■N-BOXからの代替えも!? 新規ユーザー獲得のカギはやっぱファンクロスか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ