新型クラウンセダン中国で初披露!! …って…長くない…?? いまセダンの流行って「ロング化」なの???

新型クラウンセダン中国で初披露!! …って…長くない…?? いまセダンの流行って「ロング化」なの???

 2022年12月30日に広州モーターショーで発表された、中国向けの新型「クラウンセダン」。2022年7月に世界初公開となったものとほぼ同じデザインでの登場だったが、注目なのはボディサイズ。全長5030mm×全幅1890mm×全高1470mm、ホイールベースは3000mm(すべて開発目標値)と、異常に長い。

 中国では、クルマにロングホイールベースであることが求められる。そのため、グローバルで販売されているモデルも、中国仕様では、ホイールベースが伸ばされているモデルが多く、その範囲は、セダンのみならず、なんとコンパクトSUVにまで及ぶ。中国専売のロングホイールベースモデルを4つ、ご紹介しよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:一汽丰田、Mercedes-BENZ、BMW、Audi、JAGUAR、VOLVO

ロングホイールベースモデルは、中国の人々にとってステータス

 広州モーターショーで公開された新型クラウンセダンは、レクサスLS(5235×1900×1450mm、WB3125mm、2WD)よりは小さいものの、現行ランドクルーザー(4985×1980×1925mm、WB2850mm、ZX)の全長とホイールベースを超えるサイズだ。もちろん先代クラウンより大きい。このまま日本でも同じ仕様で出るかどうかはわからないが、おそらく新型クラウンセダンは、現在もセダン需要の高い中国市場を強く意識して開発されているモデルなのだろう。

広州モーターショーでお披露目された新型クラウンセダン。かなり中国市場を意識したロングホイールベース具合だ
広州モーターショーでお披露目された新型クラウンセダン。かなり中国市場を意識したロングホイールベース具合だ

 冒頭で触れたように、中国市場ではセダンのロングホイールベース仕様が人気だ。メルセデスやBMW、アウディなどドイツのプレミアムブランドを中心に、ボルボ、ジャガーなども、中国専用にロングホイールベース仕様を用意している。フーガやスカイラインなど日本車メーカーも、かつてはロングホイールベース仕様を用意していた。

 標準モデルよりも、後席スペースが広くなるロングホイールベース仕様は、後席がくつろぎの空間になり、見た目にも堂々としている。そのため、ロングホイールベースであることは、世界的には運転手付きのショーファードリブンに使われるような高級車に求められることが多いのだが、おもてなしの文化が根強い中国では、客人を後席へ乗せるために、コンパクトモデルにも、ロングホイールベースであることが求められる。たとえコンパクトモデルであっても、エンブレムにつけられる、(ロングの)「L」は、中国の人たちにとっては、ひとつのステータスなのだ。

中国仕様のボルボS90リチャージ。全長は5,090mmと、日本仕様に比べて120mm長い
中国仕様のボルボS90リチャージ。全長は5,090mmと、日本仕様に比べて120mm長い

次ページは : あの3シリーズもロングホイールベースに!! BMW 330Li

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ