600万円近くても「レヴォーグSTI スポーツ♯」は即日完売! でもそこまでして選ぶ価値はあったのか?

600万円近くても「レヴォーグSTI スポーツ♯」は即日完売! でもそこまでして選ぶ価値はあったのか?

 2023年のオートサロンで発表された500台限定のレヴォーグSTI Sport ♯。ベース車から約100万円アップとなる576万円以上の価格ながら受注開始の1月26日に即完売となった。そんな同車のライバルはもはや輸入車となるが、それでもスバル車を選ぶ理由はどこにあるのか、分析した。

本文/大音安弘、写真/ベストカーWeb編集部、ベストカー編集部、スバル、BMW

■受注初日に限定500台が瞬時に完売!

2023年1月26日~5月12日まで全国のスバルディーラーで受注受付を行う予定だったレヴォーグSTI Sport ♯だが、限定500台が初日に完売してしまった
2023年1月26日~5月12日まで全国のスバルディーラーで受注受付を行う予定だったレヴォーグSTI Sport ♯だが、限定500台が初日に完売してしまった

 年始を飾る自動車イベントとして、2023年も大いに盛り上がった東京オートサロン。スバルブースでは、スバルファン待望のSTIコンプリートカー「レヴォーグSTI Sport  #」のプロトタイプが初披露され、大きな注目を集めた。

 さっそく、市販が公表されたレヴォーグSTI Sport #は、500台限定でベース車の93万5000円高となる576万4000円というプライスタグが掲げられた。受注については、2023年1月26日から期間限定で行われることを公表。

 そこで状況を把握すべく、1月中旬に、スバルディーラーに問い合わせたところ、「発表後から、購入希望の問い合わせを受けている」とのことであった。このため、今回も好調なセールスが予想されていたが、そのペースは想像以上。

 驚くべきことに、スバル公式サイトで受注開始初日に完売が告知されたのだ。まさに瞬殺。すでに「STI Sport #」が、STIコンプリートカーとして高い信頼と価値を得ていることを実感させたニュースとなった。

■即完売となったSTI人気の秘密とは?

STI製コンプリートカーならではの魅力を持っていたからこそ即日完売となったのだが、その理由には主にふたつの「初」の要素があると筆者は指摘する
STI製コンプリートカーならではの魅力を持っていたからこそ即日完売となったのだが、その理由には主にふたつの「初」の要素があると筆者は指摘する

 すでに入手ができない状況ではあるが、即完売となった秘密を探っていきたい。今回のモデルは、STIコンプリートカーとして、ふたつの「初」がある。

 まずひとつは、レヴォーグの初のコンプリートカーであること。初代では多くの特別仕様車が登場したが、STIコンプリートカーはなく、同車が初設定となる。

 そして、もうひとつは、新世代プラットフォーム「SGP」系としても初のコンプリートカーとなること。近年、人気が急上昇しているSTIコンプリートカーだが、最後のモデルは、2020年に投入された「初代WRX S4 STI Sport #」であり、インプレッサ以降の新世代モデルベースのコンプリートカーは初なのだ。

 スバルの人気車、しかも大幅な基本性能向上が図られた新世代モデルベースとなれば、ファンの注目と期待が膨らんだのも当然といえよう。

次ページは : ■開発担当はSTIトップガン、初代WRX S4担当の高津益夫氏

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します