スバル新型クロストレックに「ガチのオフロード仕様」追加は…売れる? それとも日本では無理???

スバル新型クロストレックに「ガチのオフロード仕様」追加は…売れる? それとも日本では無理???

 東京オートサロン2023のスバルブース。ここで、ひときわ注目を浴びていたのは、「クロストレックBOOST GEARコンセプト」だった。オフ系カスタムがクロストレックに実にマッチしていて、(我々メディア関係者のみならず)多くの一般客の方々も、足を止め、スマホで写真を何枚も撮るようすがみられた。

 これだけ注目を浴びているのなら、市販化されてもいいのでは…と、スバルブースにいた説明員の方にお話を伺おうと、声をかけた。北米の「アウトバック」と「フォレスター」に設定されている、本格オフロードグレード「Wilderness(ウィルダネス)」の日本導入の可能性についても伺ったので、あわせてご紹介しよう。

文:吉川賢一
写真:SUBARU、エムスリープロダクション

ターコイズブルーは「旅のお守り」

 オフロード感を演出する台座の上に展示された「クロストレックBOOST GEARコンセプト」は、ボディのヘアライン調のラッピングや、17インチのブラックホイールのマッドタイヤのほか、高めの地上高やサイドステップ、ルーフからアウトドア用のタープがせり出す構造なども付いた、オフ系カスタムのコンセプトカーだ。

 ほかにも、フロントフェンダー上部に用意されたグリップには、アクションカメラが取り付けられ、一見普通に見えるドアモールも開閉式で、停車中にちょっとしたグッズを乗せたり、リアフェンダーにつけたマグネットにアウトドア工具をつけて置いたりと、アウトドアで活用するアイディアが仕込まれていた。

 「アクティブライフを楽しむユーザーの後押しをしたい」というコンセプトでつくられたという、「BOOST」。ボディの所々にあしらわれた「ターコイズブルー」のアクセントカラーは、かつて、ヨーロッパのシルクロードを旅していた方たちが、「災いを振り払うお守り」として、ターコイズ石を持っていたところから採用したそう。スバル車の高い安心感で、過酷な旅から無事に帰ってきて欲しい、といった願いが込められているという。

 このターコイズブルーのコンセプトカラーは、今回の東京オートサロン2023で得たお客様の反応を見て、今後の用品開発に生かしていきたいという。スバルといえば「スバルブルー」がお馴染みだが、従来とはちょっと異なる方向性が確認できたことは、嬉しいことだった。

17インチのブラックホイールにYOKOHAMAジオランダーのマッドタイヤを装着。ターコイズブルーの差し色は、過酷な旅から安全に帰り着くための「お守り」の意味があるという
17インチのブラックホイールにYOKOHAMAジオランダーのマッドタイヤを装着。ターコイズブルーの差し色は、過酷な旅から安全に帰り着くための「お守り」の意味があるという
耐チッピング塗装が施された左フロントフェンダーと、そのフェンダーに付いたグリップには、アクションカメラが装着されている
耐チッピング塗装が施された左フロントフェンダーと、そのフェンダーに付いたグリップには、アクションカメラが装着されている

次ページは : ウィルダネス導入は厳しいが、ラッピング用品などの純正品投入は大いにありうる

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!