【VW BMW ミニ ベンツ】 憧れの車が超お買い得期突入!! いま狙い目の輸入車 9選


3月に狙いたいオススメの輸入車を、日本カー・オブ・ザ・イヤーの審査員であり、自らもメルセデスベンツ5台を乗り継いできたモータージャーナリスト岡本幸一郎氏が、「誰にでもオススメできるクルマは?」という視点、および価格帯別から紹介。

輸入車が気になっている方には、ぜひとも目を通してほしい記事だ。在庫があれば、大幅な値引きも期待できるかも!?

※本稿は2019年2月のものです
文:岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■安くて誰にでもオススメできる輸入車ならVW ポロ

価格の安い輸入車で、今最も完成度が高くて老若男女問わずすすめられるのは、文句なくVWポロだ。

●VW ポロ(価格:211万9000円から)

極めて実直な作りで、同等の金額で買える日本車に比べても、輸入車ならではのよさを実感させてくれるものがある。新しく加わった高性能版(TSI Rライン)もなかなかよさそうで、298万円だ。

同門のup!スマートトゥインゴも悪くないけど、ひとクセあって万人向けじゃない。

どうせクセがあるのなら、フィアット500のほうが断然オススメ。いつ買ってもぜんぜん古くならないところもこのクルマならでは。少しでも興味があるなら人生のうちで一度は愛車にしておく価値があると思う。予算に余裕があるならアバルトも大いにアリだ。

同じ意味合いでMINIもオススメ。200万円台から選べなくはないけど、やっぱり本命は300万円台のクーパー。去年新しくなってパワートレーンやインフォテイメント系が刷新されたのもうれしい。

●MINI クーパー(価格:294万円から)

■300万円から400万円台の価格帯なら新型ラングラー

一方、万人向けではないけれど、今400万円台でぜひ目を向けてほしいのが新型ラングラーだ。パッと見はあまり変わっていないものの中身は激変していて、快適性がもの凄く引き上げられている。

迫力あるルックスで日常的にも使えてオープンにもできてガンガン使い倒せて道なき道も走れてしまう。考えてみるとなんて魅力的なクルマなんだろう。ぜひその素晴らしさを多くの人にも知ってほしいところだ。

●JEEP ラングラー(価格:459万円から)

次ページは : ■500万円から800万円台の価格帯ならCクラス、Q5、A110など

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ