【プリウス月々5万円乗り放題は高いか安いか!?】 トヨタ定額利用サービス「KINTO」の実態!

「新しいクルマの購入のカタチとなるのでは?」と、サービス各社の動きが注目を集めつつある「サブスクリプションサービス」。新車購入時にかかる費用や、その後の整備費用、税金など払う必要なく、月々一定の金額でクルマに乗れるサービスだ。

ベストカーでも1月、稼働中のサービスを集めて記事をアップしたのだが、なんとその直後に、トヨタ車とレクサス車を半年ごと、もしくは3年間にわたって月額利用料金で乗ることが可能なサービスがこのほど始まると、トヨタ、そしてそのサービスを担う新会社「KINTO(キント)」からアナウンスされた。

これ、トヨタが人とクルマとの新しい関係を提案することを目的に開始された2種類の「愛車サブスクリプション(月額定額利用)サービス」なんである。

※本稿は2019年2月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号


■トヨタ車5車種のうち1台を3年間、レクサス車6車種を半年ごとに乗り替え可能!

このサービスは、トヨタの100%子会社であるトヨタファイナンシャルサービスと住友商事グループの住友三井オートサービスが出資し、今年1月に設立された新会社「株式会社KINTO」(資本金18億円)が提供するもの。

2月13日、トヨタがこのサービス運営に乗り出したことについて、都内で会見した同社の小寺信也社長は「今までとは違ったクルマとの付き合い方もありますよ、といったトヨタからユーザーへの新しい提案。クルマを取り巻く不透明な将来に対して先手を打ちたかった」と語っていた。サービス開始から1週間の時点ですでに数件の契約があったという。

記者会見の席上、「トヨタからの新しいクルマとの付き合い方の提案です」と語るKINTOの小寺信也社長(左)。KINTOは『西遊記』に出てくる筋斗雲をモチーフにしたネーミングだ

■気になる車種は? 今秋以降 対象車種の拡大も

さて、サービスの内容はというと、ひとつ目はトヨタ車を対象とした「KINTO ONE」

3年間で1台のトヨタ車に乗れるというもので、対象車種はプリウス、カローラスポーツ、アルファード、ヴェルファイア、クラウンの5車種。

月額料金は車種によって違い、プリウスは4万9,788円~5万9,832円、カローラスポーツは5万3,460円~6万3,396円、アルファードは8万5,320円~9万9,360円、ヴェルファイアは8万1,000円~9万5,040円、クラウンは9万7,200円~10万6,920円となる。

たとえばプリウスの月額を5万円だとして、対応するであろう「E」グレードの価格は約252万円から。3年フルで乗ったとして5万円×36ヶ月=180万円。単純な車両価格の比較で72万円おトクということになる(計算は推測に基づいたものです)。

今年秋以降、対象車種を拡大していく予定だ。

●「KINTO ONE」のラインナップ ※()内は月額料金

プリウス(4万9788~5万9832円)

カローラスポーツ(5万3,460円~6万3,396円)

アルファード(8万5,320円~9万9,360円)

ヴェルファイア(8万1,000円~9万5,040円)

クラウン(9万7,200円~10万6,920円)

支払いは毎月均等払いとなり、車両代や登録時の税金と諸費用、メンテナンス代や任意保険、自動車税が月額料金に含まれる。

ユーザーの使用状況(安全運転やエコドライブなど)をポイント化することで、月額料金の支払いに充当できる「愛車ポイントサービス」を今年秋以降にも導入するという。

また、グレードは各車種3グレード、オプションは2パッケージ、カラーは全色から選択可能だが、内装カラーは標準色のみとなり、オプションカラーを選択すると月額料金に加算される。

一方、もうひとつの「KINTO SELECT」は、レクサス車を対象とするサービス。こちらは一律月額料金19万4,400円を支払うことでES300h、IS300h、RC300h、UX250h、RX450h、NX300hのレクサス車6車種を6カ月ごとに乗り替えることが可能になる。

●「KINTO SELECT」のラインナップ ※月額料金は一律19万4,400円

レクサスES 300h

レクサスIS 300h

レクサスRC 300h

レクサスUX 250h

レクサスRX 450h

レクサスNX 300h

月額料金については、KINTO ONEと同じく車両代や登録時の諸費用、税金などが含まれている。グレードやオプション、カラーはKINTO指定となるのがKINTO SELECTの場合は違っている点となる。

■今夏以降に全国展開、中古車版も!?

利用申し込みは「KINTO ONE」はトヨタ販売店(トヨタ西東京カローラ、ネッツトヨタ多摩、ネッツトヨタ東都を除く)、KINTO公式サイトから可能。

「KINTO SELECT」は東京都内のレクサス販売店(レクサス練馬、レクサス小石川、レクサス多摩、レクサス東大和およびCPO店を除く)で、いずれも今夏以降、全国展開する予定。

気になるKINTOとリースや残価設定ローンとの違いは、前述した任意保険などを含めたパッケージ料金になる点、ウェブからの申し込みが可能な点、全国で同一の価格となる点など。

KINTOが目指すのは、クルマは移動手段やコモディティではなく、「相棒」であるということ

ちなみに利用から3年を経過したサービスでの車両については、「中古車版KINTO」の立ち上げも検討しているとのこと。レクサス版のKINTO SELECTはやや高いと感じたが、半年ごとに車種を変えられるのはいいかもしれない。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】トヨタ直6モデル増殖計画|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! ついに公式発表されたマツダの直列6気筒エンジンが、トヨタ車にも搭載されるとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、2019年5月にデビューしたスープラ&マツダ3のデザイン…

カタログ