超小型隠しボタンの機能はいったい? 新型アルファード/ヴェルファイアの気配りにマイッた

超小型隠しボタンの機能はいったい? 新型アルファード/ヴェルファイアの気配りにマイッた

 新型アルファード/ヴェルファイアを穴が開くほど見ていてふと気が付いた。テールランプの下に小さなスイッチが付いているのだ。一体このスイッチは何? そこには、まさにトヨタの真骨頂を思わせる繊細な気配りが隠されていた!

文/ベストカーWeb編集部、写真/トヨタ、ベストカーWeb編集部

■バックドアをクルマの横から開けられる!

ボディ横からバックドアが開けられるパワーバックドアスイッチ
ボディ横からバックドアが開けられるパワーバックドアスイッチ

 新型アルファード/ヴェルファイアは、テールランプがスマートになった。30系アルヴェルは人間が両腕を持ち上げたようなゴツさを感じさせたが、新型(40系)は鳥が羽根を広げたような優雅さがある。ヴェルファイアには流行の横一直線LEDまで入っていていうことなしだ。

 で、そのテールランプを眺めていたらふと気づいた。アルファードにもヴェルファイアにも、ボディサイドに回り込んだ部分に、小さな二つのスイッチがあるのだ。最初はトヨタお得意の「エアロスタビライジングフィン(後述)」かと思ったが、押すと明確にへこむからスイッチに違いない。

 こいつはいったい何者か? 正解を教えよう。実はこれ、リアのドアを開く「パワーバックドアスイッチ」なのだ。新型アルヴェルは、巨大なバックドアをクルマの横に立って開けられるのである。

 これはミニバンオーナーなら誰でも「便利!」と感じるに違いない。普通、ミニバンの荷室から荷物の出し入れを行うとき、ユーザーはバックドアの後ろに立って操作を行う。広いスペースでやるならいいが、背後に壁がある自宅やスーパーの駐車場などでは、バックドアと壁にはさまれそうになるのだ。ドアが上まで全開してしまい、壁や天井にぶつけてしまうこともある。

 トヨタはこの不便さを解消させようと、通常のバックドア中央部に加えて、ボディサイドにも開閉スイッチを付けたのだ。2つのスイッチのうち、ひとつはドアを開くもの。もうひとつは開閉中のドアを任意の位置で止めるためのものだ。

 実際に使ってみると、こいつが実に使い勝手がいい。狭い場所でバックドアを開かなければならないとき、壁との距離を目で確認しながらドアの開き方を決められるからだ。

 スイッチはほんのりと点灯するから、暗闇でスイッチを探す面倒もない。聞けばトヨタは、この米粒にも満たない明りを得るために、国土交通省から後尾灯に関する認可まで取得し直したというのだから、その労力はハンパではない。

次ページは : ■ほぼすべてのトヨタ車に付いている「エアロスタビライジングフィン」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!