【インフィニティ、エクスパンダー…】日本で売ってない日本車 ベスト10!!!!

 グローバル化が進む近年、数を増やしつつあるのが日本メーカーによる海外専売モデル。基本的には海外のニーズに合わせた車種ではあるけれど、なかには「日本でも売ってよ!」と思うようなモデルもある。

 来日を熱望したいそんな海外の日本車たちベスト10をカウントダウン!

※本稿は2019年4月のものです
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年5月10日号

■日本でも発売を熱望する海外の日本車ベスト10!!!

 かつて、日本で売ってない日本車は憧れの的。国産車なのに輸入車みたいで、どこかステキに思えたものだ。

 近年はグローバル化が進み、国内販売車もグローバルモデルが増えているので、いま「日本で売ってない日本車」は、日本市場には到底合わないデカすぎるモデルとか、逆に新興国向けの超経済的なモデルが主流。でも、それはそれですごく別世界な感じで魅力的だよね!

 ということで、勝手に日本で売ってない日本車の「輸入してちょーだいランキング」を作ってみました。

●第10位 スズキ APV

2004年から東南アジアなどで販売されている小型ミニバン&商用バン。1.5L&1.6Lエンジンを搭載する

 スズキがインドネシアで生産し、世界中の新興国に輸出しているセミキャブオーバー型商用バン。全長4225mm、全幅1655mmというサイズがとっても懐かしくて魅力的ッス!

 このサイズで7人乗りだもんね。昭和感がたまらん。逆輸入カモン!

●第9位 三菱 エクスパンダー

2017年発表。2018年に東南アジアなどで販売されているクロスオーバーの3列シートミニバン。全長は4475mmで、1.5Lエンジンを搭載

 三菱が、これまたインドネシアで生産しているSUV風ミニバン。なにせ顔がスゴイ。最近の三菱に共通する「ダイナミックシールド」だけど、アジア向けだけあってエグさ満点!

 このエグい顔をナマで見たい! ちなみにメインのヘッドライトは、左右のデカい鼻の穴みたいなほうです。ブヒブヒ。

●第8位 スバル WRX STI 2.5L ターボモデル

日本では2Lターボを搭載するWRX STIだが、北米仕様では2.5Lターボも搭載

 スバル車の6割を売るアメリカ市場では、WRX STIといえば2.5Lターボのみ。2Lターボはその下のWRX用のエンジンなのだ。4000回転で40kgmを発揮する2.5Lターボモデルを味わってみたい!

 なにせスバルは今や、アメリカが本国という感じもするし。

●第7位 マツダ CX-4

2016年に登場した中国専売SUV。CX-5より全長が若干長く、全高が1535mmと低いクーペスタイルが特徴

 一汽マツダが生産する中国市場専売SUV。CX-5をベースに、全高を低くするなどスポーティに仕上げている。BMWでいえばX4なわけだが、これが非常にカッコいい。

 マツダのSUVで一番カッコいいんじゃないか? ぜひ日本でも販売してほしいぞ! できれば中国生産じゃなく国内生産でお願いします。

●第6位 インフィニティQX50

先代型はスカイラインクロスオーバー。現行型では2L可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載する

 日本でも、先代モデルが「スカイラインクロスオーバー」の名で販売されていたが、極度の販売不振で撤退。現在はメキシコ工場で生産され、主に北米市場で販売されている。

 このクルマの最大のポイントは、なんと言っても可変圧縮比エンジン「VCターボ」が初めて搭載されていること!

 正直、QX50というクルマ自体にはあまり興味が持てませんが、このエンジンだけは味わってみたい。そのために逆輸入をばお願いします! エンジンだけでいいッス。つーわけにいかないか。

●第5位 ダイハツ ベザ

マレーシアで生産・販売されている1.3Lエンジン搭載のコンパクトなAセグセダン

 マレーシアで生産・販売されている小型セダン。ベースは先代ミライースながら、なんと500Lという大容量トランクを持つAセグメントセダンなのだ!

 個人的にこういう新興国向けの安い・小さい・広いセダンに、昭和の郷愁のようなものを感じてしまう。かつてのフィットアリアとか。このベザも、日本で見てみたいなぁ。

 営業車としていーんじゃないか。

●第4位 日産 マイクラ

2017年に一新したマーチの欧州仕様

 ヨーロッパでの新型マーチだすね。日本のマーチはタイ製の旧型のまま捨て置かれておりますが、それって新興国扱いじゃねーかよ! ジョーダンじゃねえ、日本でもちゃんと新型マーチすなわちマイクラを売ってくれ!

 ノートが売れまくってるからいらん、ってことだろうが、あまりにも冷たいじゃないか! 走りはマーチやノートとは段違いらしいし。デザインはまったく趣味じゃないけど、マーチがあのまんまなのは日本人として許せん!

●第3位 スバル アセント

全長5mのスバル最大のSUV。3列シートの7~8人乗りとなっていて、エンジンは2.4L水平対向ターボ

 ランクル並みの巨体を誇る北米向けフルサイズSUV! 全長はなんと5m! うーん、アメリカン。

 これを日本に持ってきたところで、そりゃまぁ大して売れないとは思いますが、スバルって今こういうの作ってるんだってことを肌で感じたい! エンジンは2.4Lターボでござる。

●第2位 トヨタ セコイア

北米で販売されているフルサイズSUVで、現行型は2008年に登場。全長5mを優に超え、5.5L V8エンジンなどが搭載される

 ピックアップトラックのタンドラをベースにしたフルサイズSUV。もちろんアメリカ工場製です。エンジンはV8の5.7Lだす。うーん、まさにアメリカン(2回目)!

 日本だったら、このサイズだけで周囲を蹴散らせそうだネ! このブス顔もたまらんなぁ! 限定100台くらいでいいから輸入してくらさい。

●第1位 トヨタ アイゴ

欧州で販売しているヤリスより小型のコンパクトハッチ。現行型は2014年の登場でエンジンは1Lと1.2Lターボが設定される。名前は「I go」に由来するとか

 最も現実的に日本で売ってもらいたいのがコレ。

 ヨーロッパでPSAグループと共同開発した低価格の小型車で、チェコ工場製。

 マイチェンヴィッツみたいなフロントフェイスだけど、全体のプロポーションやバランスはヴィッツよりはるかにイイ! イメージは鉄腕アトムだそうです。いいじゃないか! 5ドアの右ハンドル仕様もあるので、なんとかひとつ。


【番外コラム】 STI S209が米国限定車とは何ごとかっ!

 ここ数年、北米市場偏重があまりにもあからさまなスバルだが、2.5Lターボを搭載し、歴代STIモデル最強の341hpを発揮するSTI S209は、なんとアメリカ限定(200台)!

STIが手掛けるコンプリートカー、「Sシリーズ」初の米国向けモデルで、2.5Lターボは341hpを発揮。米国限定で200台が販売

 日本では1台も売らないとな! ジョーダンじゃねぇ! いくらなんでもそりゃねぇだろ! スバルファンは全員切歯扼腕、地団駄踏んで悔しがっているはず!

 これはもやは“亡国の危機”と言っても過言ではあるまい。右ハンドルを作るのがそんなにめんどくさいんかい!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ