米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

米国で新登場セレナ顔の5MT小型セダン「日産ヴァーサ」こういうの! こういうのがほしい!!

 「小型のセダン」は、日本では絶滅危惧種だが、巨大な自動車マーケットをもつ北米や中国では、いまも一定の人気を維持しているカテゴリだ。機能やデザインはもちろんだが、特に価格設定が重視されているモデルが多く、ライバルとの競争も激化している。

 そんななか、異次元の価格設定をしてきたのが、2023年9月に2024年モデルが発表となった日産の「ヴァーサ」だ。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】この内容で16,000ドル!! おねだん以上の内容で登場した日産「ヴァーサ」の2024年モデル(14枚)画像ギャラリー

16,130ドルという驚異の価格で登場

 2023年9月26日、アメリカテネシー州ナッシュビルにおいて、小型セダン「ヴァーサ」の2024年モデルが発表された。現行型ヴァ―サは2019年4月にモデルチェンジした3代目。今回発表となったのはその改良モデルだ。

 この「ヴァーサ」は、日本でもかつて「ティーダ ラティオ」という名前で販売されていたモデルだ。ティーダは、コンパクトクラスでありながら上質な内外装デザインと雰囲気が特徴的なモデルだったが、現行型のヴァーサにもその流れはしっかりと継承されており、小型ながら魅力的なモデルに仕上がっている。

 今回発表されたヴァーサで強調されていたのは「価格」だ。ベーシックなグレード「S」の5速MT仕様が16,130ドル(日本円で約240万円)という設定で、これはアメリカで販売される新車の中で、もっとも安い価格だという。しかしヴァーサがすごいのは価格だけではない。クルマ社会である北米で受け入れられるためのデザインや質感、機能もしっかりと織り込まれている。

2024年モデルのヴァーサ。もっともベーシックなグレード「S」5速MTの価格は16,130ドルとお買い得だ
2024年モデルのヴァーサ。もっともベーシックなグレード「S」5速MTの価格は16,130ドルとお買い得だ
日本で販売されていた、ティーダ ラティオ(2004年~2012年)。2004年に、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチコピーで登場した、ティーダのセダン版だ
日本で販売されていた、ティーダ ラティオ(2004年~2012年)。2004年に、「コンパクトの質をシフト(変革)する」というキャッチコピーで登場した、ティーダのセダン版だ

すっきりとバランスのいいスタイル、基本的な先進安全装備は全車標準装備

 北米日産には、ヴァーサの他にも、セントラ、アルティマ、マキシマといったセダンがラインアップされている。SUVが主流となりつつある昨今ではあるが、北米では依然としてセダンの人気も高く、どのモデルもスタイリッシュで、素直にカッコいいと思えるデザインが多い。ヴァーサも、特に現行型はセダン専用デザインのため、日本で販売されていたティーダ ラティオのようなハッチバックベースのずんぐりとした雰囲気がなく、すっきりとしていてバランスがよく、カッコよく仕上がっている。

 2024年モデルのヴァーサには、アリアやセレナにも採用された新しいVモーショングリルである、横基調のクロームパーツで表現された最新のデザイン言語が採用されている。ただこれは、すでに2023年モデルのヴァーサにも採用されており、2024年モデルでは外観自体に大きな変更はない模様だ。

 インテリアは、高級感というほどではないものの、車格のわりには上質だ。Sグレードだとクロームパーツがほとんどなく簡素にみえるが、ボトムフラットのステアリングや、ゆったりとしたダッシュボードパネルの曲面が上質な印象を与えるため、チープには感じられない。

 装備面では、エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報、ハイビームアシストなど、基本的な先進安全運転支援システムは全車標準装備となる。上級グレードにはワイヤレス充電システムやニッサンコネクト、8インチのタッチスクリーンディスプレイオーディオシステムなどが用意される。

ヴァーサのインテリア。上級グレードだと質感は悪くないが、ベーシックなグレードだとクロームが少なくシンプルになる
ヴァーサのインテリア。上級グレードだと質感は悪くないが、ベーシックなグレードだとクロームが少なくシンプルになる

次ページは : 5速MTで軽快なドライブを楽しみたいのなら、これで十分!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!