MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選

MR-2復活にBEVの新型GT-R登場!? 2026年以降の登場がウワサされる注目モデル6選

 今後登場する新型車の情報には、時代を反映してかBEVが目立つ。一部メーカーを除き各社のBEV戦略は不透明なままだが、やはり避けては通れない道なのだろう。ここでは2026年以降の登場が見込まれるクルマをBEVを中心にご紹介する。

※本稿は2024年1月のものです
文/ベストカー編集部、画像/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2024年2月10日号

■日本車の進化は止まらない! 2026年以降もワクワクドキドキのニューカー続々登場!

新型トヨタ MR2(2026年)。GRヤリスのコンポーネントを使ってミドシップスポーツを復活させる計画。2026年の登場が確実だ(ベストカー編集部が作成した予想CG)
新型トヨタ MR2(2026年)。GRヤリスのコンポーネントを使ってミドシップスポーツを復活させる計画。2026年の登場が確実だ(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 2026年以降に登場するニューカーの、特に注目が集まりそうなモデルを紹介していこう。

 次世代のBEVが中心となるが、そのなかで異端なのはトヨタの新型MR2。GRヤリス、GRカローラに搭載されている直3、1.6Lターボの純エンジンでHEVもないというクルマ。

 市販時にMR2の車名が使われるかは不明だが、実質的にその後継モデルとなる300psオーバーのミドシップスポーツだ。

新型日産 GT-R(2028年)。全固体電池を搭載する新世代のGT-R。新技術を満載し、1360psのモーターパワーで世界最速を狙う(ベストカー編集部が作成した予想CG)
新型日産 GT-R(2028年)。全固体電池を搭載する新世代のGT-R。新技術を満載し、1360psのモーターパワーで世界最速を狙う(ベストカー編集部が作成した予想CG)

 BEVは百花繚乱の兆し。ここではランクル、GT-R、NSX後継という超大物を中心に紹介しており、どんなクルマになるのか大いに楽しみなところだが、このほかにも実用的なモデルが続々と登場しそう。

 トヨタ以外は具体的なBEV戦略を発表しておらず、不明な点が多いもののBEVはやはり避けては通れぬ状況。これまでの「新しモノ好き」にしかアピールできないクルマではなく、「魅力的だから買う」というBEVが徐々に増えていきそうだ。

 マツダの次世代ロータリースポーツも大いに気になる存在。実現するか否かはMX-30ロータリーEVの成功にかかっているのかもしれない。

【画像ギャラリー】各社から注目モデルが続々登場予定!! 2026年以降の日本メーカー車ラインナップ(37枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します