【スイスポ ロードスター WRX…】 最激戦区スポーツ&コンパクト編 国産vs世界 ガチ4番勝負

 スズキのスイフトスポーツ。
 マツダ デミオ。
 同じくマツダのロードスター。
 スバル WRX STI。

 どれも、誰もがその性能・走り・コスパに高い評価を与える、日本の傑作スポーツ・傑作コンパクトカーたちだ。

 だがポロやミニといった、いわゆる「ワールドスタンダード」なクルマたちと比べたら、どちらが「上」なのだろう?

 コンパクトカーは各メーカーの実力が試されるシビアなカテゴリーだし、スポーツカーは強力な輸入車がひしめくカテゴリー。国産の名車とて、決して気はぬけない。

 価格まで含めて、世界に名だたるクルマたちとガチンコ勝負! 判定人は、自動車ジャーナリスト 鈴木直也氏にお願いした。

※本稿は2019年5月のものです
文:鈴木直也/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■スズキ スイフトスポーツ vs VW ポロ Rライン

●スズキ スイフトスポーツ(価格:183万6000〜205万920円)

VS

●VW ポロ Rライン(価格:298万円)

 スポーツドライビングを楽しめるホットハッチが欲しいなら、スイスポのほうが面白い。

 これほど完成度の高いFFスポーツが200万円で買えるなんて世界的に見ても貴重品。

 特に6MT仕様はジムカーナなどモータースポーツ入門にも最適。ドライビング練習機として最高の素材だ。クルマ好きにとって、スイスポは日本の宝といっても過言ではないと思います。

 一方、ドイツ車らしいかっちりした作りのハッチバックがお好みなら、ポロRラインは候補車No.1。

 安全性や操安性は「これぞ世界のベンチマーク!」というべき優等生だし、新しい1.5Lエンジンは結構パワフル。スポーツドライビングを楽しみたいというニーズにも応えてくれる。

 勝ち負けでいえば、コスパ考慮ならスイスポの勝ちに決まっているのだが、ポロの高い完成度も捨てがたいですね。

■判定:スイフトスポーツの勝ち…ポロの高い完成度以上にコスパで圧倒!

■マツダ デミオ vs MINI ワン

●マツダ デミオ(価格:139万3200円)

VS

●MINI ONE(価格:238万〜373万円)

 ディーゼルのイメージがあるデミオ。が、ガソリンも1.5Lに統一された結果お買い得感向上。ガソリンなら180万円、ディーゼルは200万円あたりに売れ筋ゾーンが揃う。

 一方、「ミニは高い!」というイメージがあるけど、ミニ・ワン3ドアが238万円と、それほどでもない。

 エンジンはデミオと同じ1.5Lながら、こちらは3気筒ガソリンターボ。19.4kgmのトルクはデミオのディーゼル並みに力強いものがあり、ミニというブランド力を考えると「悪くないじゃん!」と食指が動く。

 ただ、ミニがやばいのは、見積書を見て愕然とすること。魅力的なオプションを追加するとアッという間に+50万円。デミオXDなら乗り出し230万円だけど、こっちはすぐ300万円を超える。

 勝負はデミオの勝ちとしたいところだが、ユーザーの財布の紐を緩ませる圧倒的なブランド力はミニの強み。これは紛れもない事実だけど……。

■判定:デミオの勝ち…走行性能に加えお買い得感もハンパなし!

■マツダ ロードスター vs ロータス エリーゼ

●マツダ ロードスター(価格: 255万4200〜381万2400円)

VS

●ロータス エリーゼ(価格:496万8000〜745万2000円)

日本とイギリスが誇るライトウェイトスポーツ同士の対決。結果は?

 ロードスターとエリーゼは、スポーツカーの日常と、その対極にある非日常を極めたクルマだと思う。

 普通の人は99%が日常だから、コスパがよくて、普段使いできて、しかも走ったらすごく楽しいロードスターのほうが幸せになれる。ロードスターはそういう使い方をしたら世界一の傑作スポーツカーといっていい。

 対してエリーゼが輝くのは、ワインディングやミニサーキットみたいな限られたシチュエーション。しかし、そんなシーンがたとえ1%でも、それが圧倒的に楽しければスポーツカーとして「アリ」なのだ。

 趣味というのは人それぞれで、そこに優劣をつけるのはヤボというもの。この2台については、「どっちも楽しい!」でいいんじゃないスかね?

■判定:引き分け…どっちもよくてどっちも楽しい。キャラに差はあれど、2台とも超魅力的!

■スバル WRX STI vs ルノー メガーヌR.S.

●スバル WRX STI(価格:386万6400〜406万800円)

VS

●ルノー メガーヌR.S (価格:440万円)

意外と価格差が少ないだけにクルマの実力勝負だ

 4WDとFFの違いはあれど、この2台は楽しさよりも速さを求めたスポーツモデル。とりわけメガーヌのほうはFFニュル最速というタイトルを目指しているから、走りのキャラクターに競技車両っぽい凄みがある。

 問題は一般公道でそういうハイテンションなクルマに乗って楽しいか? ということだが、ここは明確にメガーヌR.S.のほうが面白いと断言しちゃうね。

 1.8Lターボで279ps/39.8kgmというエンジンもかなりのものだが、FFでそれを走らせるのがスリリング。強アンダーかと思うと予想以上にトラクションがよく、4輪操舵効果もあってギュンギュン曲がる。

 この軽快感は4WDのSTIにはない面白さ。ジャジャ馬ではあるが、充分コントローラブルに楽しめる。

 こういうクルマを作らせると、ルノーは実に上手い!

■判定:メガーヌR.S.の勝ち…メガーヌは軽快感アリ。普段使いでも楽しい1台!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ