アテンザに先代インプレッサ……めちゃイイのに安いんです!! 100万円以内で考える穴場中古車4選

アテンザに先代インプレッサ……めちゃイイのに安いんです!! 100万円以内で考える穴場中古車4選

「できたら100万円以内でクルマが欲しい!」という時、「安い中古車は相当ヤレてるだろうな……」と考えるのはやや早計。クロウト好みの「人気薄」車種なら、クルマの出来がいいうえにかなり状態の良い個体をゲットすることも可能なのだ!!

※本稿は2024年2月のものです
文/伊達軍曹、写真/ベストカー編集部、トヨタ、マツダ、SUBARU
初出:『ベストカー』2024年3月10日号

■「モノはいいのに安い」という極楽

こちらのマツダ アテンザ ワゴンも地味にいいクルマ。狙い目のいぶし銀系だ
こちらのマツダ アテンザ ワゴンも地味にいいクルマ。狙い目のいぶし銀系だ

「総額100万円以内」という条件と相性がいいのが、スポーティクーペ&オープンカーと、こちらに挙げた「いぶし銀部門」だ。これこそが最強カテゴリーかもしれない。なぜならば、“いぶし銀”と言えば聞こえはいいが、簡単に言うなら「人気薄車部門」であるからだ。

 中古車の価格は市場原理に基づいて決まる。元の値段がいくら高かろうが、需要が低ければ中古車価格は安くなり、逆にもともとの新車価格が100万円台だったような車種でも、需要さえあれば、中古車価格はどこまでも高騰する。

 そして「いぶし銀=人気薄=需要があまりない」ということは、中古車業界においては必然的に「モノがいい物件にも安い値段を付けざるを得ない(安くしないと売れないから)」ということを意味する。

 例えばマツダのアテンザであれば総額130万円も出せば、走行2万km程度の中期型XD・Lパッケージが買えてしまう。これは市場のバグというよりは「市場経済の必然」なのだろう。いずれにせよ買い手にとってはお得な話である。

■セダン減少の今……あえて中古セダンはいかが!?

・トヨタ SAI

トヨタ SAI
トヨタ SAI

 2009年に登場したトヨタのハイブリッド専用セダン。「プログレ」にやや通じる部分もある“小さな高級車”だ。2013年8月以降の後期型は総額120万円~だが、2012年式であれば総額90万円前後でかなり状態のよい個体が狙える。

・実用度:★★★★★
・維持容易度:★★★★☆
・デザイン性:★★★☆☆
・走行快感度:★★★☆☆
・中古車の注目相場:総額60万~100万円

・マツダ アテンザ(最終型)

マツダ アテンザ(最終型)
マツダ アテンザ(最終型)

 2024年4月に生産終了となるマツダ6の、車名が変わる前の世代。フラッグシップだが、総額90万円前後で走行4万km台のXD・Lパッケージがイケる。

・実用度:★★★★★
・維持容易度:★★★★☆
・デザイン性:★★★★★
・走行快感度:★★★★☆
・中古車の注目相場:総額80万~100万円

次ページは : ■実力派コンパクト&ハッチバックも!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!