通行止めと進入禁止!? 「紛らわしいことこのうえなし!」な道路標識の見分け方

通行止めと進入禁止!? 「紛らわしいことこのうえなし!」な道路標識の見分け方

 ドライバーならば順守しなければならない交通標識。しかし、なかには判別しにくい標識があるのも事実。そこで今回は、特に進入禁止関連の標識について詳しく見ていきたい。読者の皆さんもこの機会にぜひおさらいを!

文/長谷川 敦、写真/写真AC

■どうして入ってはいけないのか?

通行止めと進入禁止!? 「紛らわしいことこのうえなし!」な道路標識の見分け方
左が車両通行止め、右が車両進入禁止の標識。わかっているようで、実際にこれらの標識に出くわした際に間違ってしまうことも多い。ここは再確認しておきたい

 誰もが使えるはずの道路なのに、入ってはいけない区間がある。もちろん、それにはちゃんとした理由が存在している。

 進入禁止の理由で最も多いのが、その道が一方通行である場合。どちらかが一方通行である交差点では、逆走行になる向きからの進入はできない。

 また、公道のように見えて実は私道であるケースなどでも一般車両が進入することは許可されない。

 さらに通常は走行可能な道路でも、工事などをはじめとしたなんらかの理由で進入禁止になっている場合もある。

 このように、道路にはさまざまな進入禁止区間がある。それを破ってしまった場合、たとえうっかりでも交通違反になるのは必至。だからこそ、ドライバーは常日頃から交通標識に注意する必要がある。

■進入禁止と通行止めの違いとは?

 ここからは実際の交通標識を例に考えていきたい。最初にチェックするのは「車両進入禁止」と「車両通行止め」の違いだ。

 車両進入禁止の標識は、赤丸の中に白の一本線が入っているもの。さすがにこの標識を知らないドライバーはいないだろう。

 車両進入禁止標識は、主に一方通行の出口(交差点)に表示されている。

 つまり、この標識によって一方通行の逆走を禁止しているということだ。確認するまでもないが、逆走はきわめて危険なことで、これを禁止するのは交通安全上当然といえる。

 勘違いしやすいのが、進入禁止ではなく通行止めのほう。一見同じことのように思えるが、これらふたつには明確な違いがある。

 通行止めとは、文字どおり通行ができないことを示していて、これは走行する方向には関係ない。

 進入禁止区間の多くでは、正規の方向であれば車両の走行も可能だが、通行止めは方向にかかわらず一切の走行が禁止される。

 また、進入禁止と通行止めのそれぞれには区分が存在する。次の項ではその違いを見ていきたい。

次ページは : ■自転車はOK、でもクルマはNG?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!