マツダ高級路線は「地獄」を終わらせられるのか!? クルマはいいのに販売現場は苦戦中!!

 マツダのまじめなクルマ作り、そして近年のSKYACTIV技術の躍進は多くの消費者に響くところがあるはずだ。

 ディーラーも黒を基調としたデザインに統一されてなんだか近寄りがたいほどの高級感を醸し出している。

 さらに現状は値引きが渋いと言われるマツダディーラーだが、かつてのような値引き販売による中古車価格下落が起こったあの「マツダ地獄」の再来はないのか?

 マツダのクルマはたしかにいいかもしれないが、販売台数などを考えても絶好調という状況でもないのも事実。

 かつての5チャンネル展開のような寂しい結末になりはしないだろうか? 高級化一直線のマツダがなぜこのような状況になっているのか迫ります。

文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ