ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす

ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす

 アメリカから2000年にやってきたプロナード。今思えばそこまで大きくないのだが、当時はそれでも巨大で初代アバロンに続ていてやっぱり日本では売れずに撤退……。でもこのプロナードってセダンなのに6人乗りだったりインパネも超絶未来っぽかったりと結構アリなのよ!!!!!!

文・写真:ベストカーWeb編集部

■セダンで6人乗りはもう出ない!? デカさ生かした室内空間が感涙モノ

6人乗りの場合は、コラムシフトとなり前後ともにベンチシート。全幅の広さからかなり寛げるパッケージングだったのだ
6人乗りの場合は、コラムシフトとなり前後ともにベンチシート。全幅の広さからかなり寛げるパッケージングだったのだ

 プロナードと名前が変わっているが、じつはこちらもアバロンで北米でいえばこのモデルは2代目モデルにあたる。時は2000年、プロナードは全幅1820mmと今でこそ一般的なサイズだが、当時はクラウンだってまだまだ1700mmの時代。そう考えると相当にデカかったのだ。

 それを生かした室内空間が素晴らしく5人/6人乗りが選べたのだが、6人乗りの場合コラムシフトとなり前後ともにベンチシート。全幅の広さからかなり寛げるパッケージングだったのだ。

■ナビなしか……ええ、そこにいたの!? 内装のデザイン凝りすぎだろ

エンジンオフだと何か黒いなーってな感じなのだが、エンジンオンでどこからどもなくナビが現れるイメージ
エンジンオフだと何か黒いなーってな感じなのだが、エンジンオンでどこからどもなくナビが現れるイメージ

 一見すると当時のトヨタセダンらしい木目調パネル満載の内装なのだが、メーターから助手席にかけてインパネ上部がえぐられてたデザインとなっているのだ。

 詳しくは画像を見てもらえばわかるのだが、なぜだか中央ではなく助手席よりにナビがインストールされており、設置位置はともかく超絶未来的なデザインなのだ。エンジンオフだと何か黒いなーってな感じなのだが、エンジンオンでどこからどもなくナビが現れるイメージ。

 ちなみに今でこそナビなんて当たり前の機能となりつつあるが、当時はまだまだ高嶺の花。そんな時代にプロナードは出はじめだったDVDナビが全車標準!! 295万円スタートでナビが標準、しかもこのクオリティなら結構アリな気も!!

【画像ギャラリー】アルファード超え!? めっちゃ広いやん!! 未来感マシマシの内装もスゲーぞ!! プロナードを隅々写真で!!!!!(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!