なぜ凋落!?? レクサス IS月販わずか150台に! 競合車に歯が立たない事情


レクサスISは今のままではライバルと戦えない

BMW 3シリーズは新型が2019年に日本市場でも発売。価格帯は452万~962万円。量販グレードの320i Mスポーツは583万円

 これらを考慮すると既にISの電子プラットフォームは古く、そろそろフルモデルチェンジに差し掛かるから、敢えて大きなアップデートを行っていないことが読み取れる。

 それを踏まえて大きな値引きを行うかというと、これはその後のリセールバリューを落とす要因にもなりできない。メーターパネルなどインテリアの進化も競合他車は著しく、今のままのISでは戦えないだろう。

 ハンドリングは欧州勢と戦えるレベルにあることが救いだが、やはり次期モデルに期待するしかなさそうだ。

※日本自動車協会連合会、日本自動車輸入組合による販売データをもとに作成

◆  ◆  ◆

 現段階で当編集部が掴んでいる新型レクサス ISの情報は以下の3つ。

■ボディサイズは現行型と大きく変わらない
■プラットフォームは2018年6月に新型に切り替わったクラウンのものがベースとなるFR
■パワートレーンはクラウンにも搭載される直4、2.5Lハイブリッドが中核となり、新開発される直4、2.4Lターボ、現行型にも搭載される直4、2Lターボの3タイプ

というもの。

 発売は2021年春と伝えられている。ライバルをあっと驚かせる次期型の進化に期待したい。

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ