これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?

これは売れそう!! 次期ロッキー/ライズが[ランクル250]似になる可能性はゼロではないってマジ!?

 こんなにも次期モデルが待ち遠しいクルマはない! ダイハツ/トヨタのロッキー/ライズ。SUVカテゴリー、最近は出るクルマ出るクルマ、デカいものだらけ。全長4m切りの5ナンバーサイズは貴重で、次期型は「かなり格好よく」なるに違いない。期待値をたっぷり込めて、「ランクル250」を小さくしたような次期型もアリなんじゃないか!?

文:ベストカーWeb編集部、写真:ダイハツ、トヨタ、三菱自動車、ベストカーWeb編集部

■全長3995×全幅1695mmという「真のコンパクトSUV」

「真のコンパクトSUVといえば俺様のことよ!」。扱いやすすぎるロッキー、いいね~!
「真のコンパクトSUVといえば俺様のことよ!」。扱いやすすぎるロッキー、いいね~!

 まずは、小さくてナイスなSUV、ロッキーの概要。現行モデルは2019年に誕生し、トヨタにOEM供給しているモデルはライズ。外観で大きく違うのはグリルデザインで、アルミホイールデザインも微妙に違う。どっちが格好いい? ま、それはお好み次第といったところ。

 パワートレーンは、直3、1.2L NAと直3、1Lターボ。2021年に追加で直3、1.2L NAとモーターを組み合わせたハイブリットモデル「eスマートハイブリッド」も誕生し、WLTCモード燃費は28.0km/Lとなかなかいい数値だ。

 そして大注目はロッキーのサイズ。全長3995×全幅1695×全高1620mmですよ!! この小ささがいい! とてもいい!!

全長3995mmと思えないパッケージの妙。ロッキーの強みのひとつ
全長3995mmと思えないパッケージの妙。ロッキーの強みのひとつ

 今や全長4300mmでもコンパクトSUVと言われるけど、「それ、小さいですか?」と言いたくなりますよね? 真のコンパクトSUVはこのロッキーなんですよ! あのバカ売れヤリスクロスの全長4180mmより185mmも短い。それでいて室内の広さやラゲッジ容量は充分! ロッキーの最大の魅力にして存在価値はココです。

 日本の道路事情、(駐車場を備える)戸建て住宅事情を考慮すれば、ムリなくストレスなく運転できて、カーライフを楽しめるSUVがロッキーと言えるのです!

■かなりの期待感込めて「ランクル250・ミニ」風のデザインになる!!?

ランクル250を見た瞬間「これをそのまま小さくして次期ロッキー! という流れはどう?」と筆者は思ったワケです!!
ランクル250を見た瞬間「これをそのまま小さくして次期ロッキー! という流れはどう?」と筆者は思ったワケです!!

「真のコンパクトSUV」「キング・オブ・コンパクトSUV」「コンパクトSUVの王道」……と、どんどんキャッチフレーズが浮かんでくるロッキー。現行2代目は2019年の誕生だから、そろそろ次期型3代目の噂が出てきてもよさそうな頃合い。

 ここで冒頭の話に戻るが、ロッキーの次期型はかなりの期待感込めて「ランドクルーザー250を小さくしたようなスタイル(デザイン)も充分ありえる!」と、筆者は思っている!

ぐおおおお! タフすぎるランクル250の黒ボディ。格好いいぜ。角目ヘッドライトも男勝り!
ぐおおおお! タフすぎるランクル250の黒ボディ。格好いいぜ。角目ヘッドライトも男勝り!

 ランクル250の姿を初めて見た時、「正統派SUVのカタチをしていながら新しさもある! でも……デカすぎる。このスタイル(デザイン)をそのまま小さくしたSUVが出てくれれば、日本ユーザーも喜ぶだろうに」と思った。

上写真のランクル250をキュッと小さくして、このロッキーに照らし合わせると……。ほ~ら、次期型ロッキーの姿が見えてくる(でしょ?)
上写真のランクル250をキュッと小さくして、このロッキーに照らし合わせると……。ほ~ら、次期型ロッキーの姿が見えてくる(でしょ?)

 その数秒後。「次期型ロッキーの登場は数年後(早ければ2025年か!?)。こんなスタイルなら、最高だね!」とひとり興奮を隠せなかったのですよ。

次ページは : ■カクカクとしたグリルデザインはロッキーに似合いそう

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します