【タイヤがすり減る??】ハンドルを据え切りしてはいけない理由

 車庫入れや狭い駐車場など、何度も切り返さなければならない場面で、ついやってしまいがちな、ハンドルの据え切り。なんとなくタイヤを痛める行為だとは思っていても、タイヤやクルマにとってどれだけダメージとなるのか、皆さんはご存じでしょうか。

 今回は、ハンドルを据え切りしてはいけない理由について、ご紹介します。

 文:吉川賢一 写真:三菱、ベストカー編集部


ハンドルを据え切りすると…

 ご存知の通り、「ハンドルの据え切り」とは、停車した状態でステアリングホイールを回すことです。

 ハンドルを回すと、その回転はステアリングコラム、ステアリングシャフトを通して、ステアリングラックギアに伝わります。ラックギアに回転が伝わると、ラックギアから左右へ伸びているタイロッドが移動します。

 それによって、フロントタイヤの角度が変わり、クルマは回頭することができます。

軽自動車でも車両重量920kg!?

 最近は、コンパクトカーであっても、ほとんどのクルマが車両重量1トンを超えています。FF車では、フロント重量配分が60%以上にもなるクルマが多いので、フロントタイヤの1輪が支えている荷重は300kg以上にもなります。

 これだけの重さがタイヤ一輪、しかも、はがき一枚分ほどしかない接地面に荷重がかかった状態で、据え切りをすれば、接地している部分のトレッドゴムが大きなダメージを受けることはお分かりいただけると思います。

 本来であれば、ハンドルを回す際にも、大変な力が必要になりますが、現在のクルマはパワ-ステアリングがあるため、ドライバーは軽い力でハンドルをくるくると回すことができてしまいます。

 例えば、片足の踵に体重をかけて地面に擦り続けると、靴底が簡単に傷んでしまいますよね。クルマでも同様で、据え切りを繰り返すと、タイヤは部分的に摩耗してしまいます。

タイヤへのダメージ負担が増す

 特に、多人数が乗る機会の多いミニバンほど重量が重たく、接地荷重が大きくなりがちですので、据え切りによるタイヤへのダメージは増してしまいます。

 ちなみに、据え切りによるダメージは、地面がアスファルトやコンクリートなど、タイヤと地面との接触面積が大きいほど、摩擦は大きくなります。

 逆に、地面との接触面積が小さくなる砂利路面だと、比較的少なくなります。これは、地面の表面にある砂が摩擦を軽減してくれる役目をするためです。

サスペンションへもダメージがあるのか?

 「据え切りはサスペンションを傷めるからやらないほうが良い」という意見が稀にありますが、自動車メーカーはクルマの前輪が受け持つ最大車重に合わせて、ステアリングやサスペンション各部の強度や耐久性を考慮して設計していますので、据え切りをしたからといって、これらの部品がすぐに壊れることはありません。

 とはいえ、昨今のクルマは、タイヤは太く、車重も重く、またそれに合わせてパワステのアシスト量も大きくしています。物理的に各部品にかかる力は、以前よりも大きくなっています。サスペンションやタイロッドは、クルマの走行時に常に荷重がかかる部品です。

 少しでもこうしたパーツに負担をかけないようにするためにも、据え切りは出来るかぎりしないほうが、好調な状態でクルマを維持するためにも良いといえます。

どうしたら据え切りをしないで済むのか?

 車庫入れや狭い駐車場などでは、ゆっくりで良いのでクルマを動かしながらハンドルを切ると、タイヤや各部品への負担を大幅に減らすことができます。タイヤと地面の接触面が動きながら移動することで、接地面の摩擦抵抗を少なくすることができるためです。

 AT車であればクリープを使い、ブレーキを緩め、ほんの少しで構いませんので、動きながらハンドルの切り返しをすれば大丈夫です。

まとめ

 据え切りによるダメージは、過度に神経質になる必要はありませんが、切り返しをするときに少しでもこのことを思い出してもらえると、クルマやタイヤの寿命を延ばすことができます。

 愛車の気持ち良いハンドリングを維持するためにも、ちょっとだけ気を付けてみてください。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ