今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ

今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ

 新型車がクルマ好きの耳目を集めるいっぽうで、ひっそりと役割を終え、姿を消していくクルマもある。ここでは、新車販売の4割以上を占める軽自動車の絶版モデルをご紹介。人気の軽自動車にも、はかなく消えていくモデルはあるのだ!!

※本稿は2024年5月のものです
文/永田恵一 写真/スズキ、スバル、三菱、ダイハツ
初出:『ベストカー』2024年6月10日号
※本記事の絶版年は基本的に生産終了年としています

え、あの定番車も大変なの…..

 新車販売の40%を超える軽自動車の人気は依然高止まりしているが、その大半はスーパーハイトワゴン軽自動車で、かつて隆盛を誇ったワゴンR、ムーヴも苦戦しているほど。それゆえ個性派モデル、新参モデルの人気は長続きせず、絶版の憂き目に。

 かなり激戦区だが、だからこそ残っているクルマの強者感というのだろうか、とにかく完成度の高さに惚れ惚れとしてしまう。

■スズキ ツイン(1代限り・2003~2005年)

スズキ ツイン(2003~2005年)
スズキ ツイン(2003~2005年)

 軽シティコミューターで、価格も安かったが、総合的に考えればアルトのような軽セダンのほうが実用的だったこともあり販売も低迷。

■スバル R1(1代限り・2005~2010年)

スバル R1(2005~2010年)
スバル R1(2005~2010年)

 ツイン同様の軽シティコミューターだったが、R1はプレミアム感を追及。デザインも美しかったが、いかんせん実用性に欠けていた。

■三菱 i(1代限り・2006~2014年)※i-MiEV除く

三菱 i(2006~2014年)
三菱 i(2006~2014年)

 RRレイアウトのユニークな軽乗用車。RRのメリットがBEVのi-MiEV以外薄く、価格が割高だったのも売れなかった原因だろう。

■ダイハツ ウェイク(1代限り・2014~2022年)

ダイハツ ウェイク(2014~2022年)
ダイハツ ウェイク(2014~2022年)

 スーパーハイトワゴン軽を凌駕する全高がセールスポイントの軽乗用車で、その売りの高さにより操安や燃費が悪化。過ぎたるは及ばざるがごとし!?

【画像ギャラリー】新しいモデルから消えていく!? 定番モデルの根強い人気に押されて姿を消した絶版軽自動車(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!