これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由

これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由

 2023年11月に発表されたレクサスのコンパクトクロスオーバーSUV「LBX」。「サイズのヒエラルキーを超えた次世代LEXUSモデル」とされるLBXだが、高級コンパクトカーというコンセプトは、これまでに成功した事例が少なく、レクサス車といえども、どれだけ受け入れられるのかは微妙なところ。はたして、レクサスLBXはレクサスの思惑通り売れているのだろうか。

文:立花義人、エムスリープロダクション/写真:LEXUS

サイズに起因するイメージと常識を覆したモデル

 1989年の創業以来、ユーザーに新しい価値や最新の技術を提供することで、カーライフを豊かにしたいという想いをかたちにしてきたレクサス。近年は車両の基本性能を磨き上げ、カーボンニュートラル社会の実現に向けて電動化を推進しており、世界のあらゆる市場のニーズに寄り添いつつ、ブランド価値の向上を目指してきている。

 そんなレクサスのラインアップに新たに加わったLBXは、冒頭でも触れたように、「サイズのヒエラルキーを超えたクルマ」として、これまでの高級車の概念を変える、コンパクトサイズながらも走りやデザインも上質、をコンセプトに開発されている。

 プラットフォームには、TNGAのGA-Bプラットフォームを、専用開発を施したうえで採用することで、高い運動性能を追求しているほか、音や振動の発生源を抑制する源流対策を徹底的に行い、高い静粛性を実現。パワートレインには新開発のハイブリッドシステムを採用し、スタイリングは、コンパクトさを感じさせないダイナミックなプロポーションで、インテリアは、内装色やシート素材、刺繍パターン等をユーザーが選び、約33万通りの組み合わせから1台をオーダーメイドすることが可能など、レクサスブランドならではのこだわりがこれでもかと詰め込まれている。これによって、コンパクトクラスとは思えないような走りと上質な内外装、質感、静粛性を実現しており、車両サイズに起因するクルマのスタビリティや振動、ハンドリングなどのイメージと常識を覆した、そんなモデルに仕上がっている。

コンパクトクラスの枠を超えた存在感を感じさせるダイナミックなデザイン。室内は決して広いとはいえないが、走りの質感は高い
コンパクトクラスの枠を超えた存在感を感じさせるダイナミックなデザイン。室内は決して広いとはいえないが、走りの質感は高い
LBXは全長4,190mm×全幅1,825mm×全高1,545mm。ヤリスクロスと比較すると、車幅は60mm広く、全高は45mm低い。前後のフェンダーは拡幅されており、ローアンドワイドな佇まいに仕上がっている
LBXは全長4,190mm×全幅1,825mm×全高1,545mm。ヤリスクロスと比較すると、車幅は60mm広く、全高は45mm低い。前後のフェンダーは拡幅されており、ローアンドワイドな佇まいに仕上がっている

レクサスが欧州での存在感アップを狙ったモデル

 LBXはイタリアのミラノで発表となった。このことから、欧州をメインターゲットとしていることがわかるが、なぜ欧州をメインターゲットとしたのか。

 欧州市場でもっとも売れているのはコンパクトカーだ。なかでも近年はクロスオーバーSUVタイプの勢いがある。筆者はLBXが発表となったイタリア・ミラノに住んでいるが、イタリアでは、レクサスはあまり「高級ブランド」というイメージがない。ディーラーもトヨタとレクサスが同じフロアに並んでいたりすることが多く、「レクサスってトヨタなんだよね?何で名前を分けてるの?」という感覚だ(と思う)。おそらくこのLBXには、欧州で競争率の高いコンパクトカテゴリーでレクサスの存在感を高め、現地でのブランドのイメージを変えたいという、いわば「一発かましてやろう」というレクサスの思惑が込められてるのではないだろうか。

LBXのインテリア。水平基調のトリムが落ち着きとゆとりを演出している
LBXのインテリア。水平基調のトリムが落ち着きとゆとりを演出している

次ページは : 受注は好調、おかげで生産が間に合っていない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!