【軽ソフトSUVの革命児】大ヒット間違いなし 新型ハスラー乗ってわかった真の実力

 スズキハスラーといえば、だれもが発売当初の大混乱を覚えているはずだ。スズキさえも予想していなかった大ヒットによって大量のバックオーダーを抱え、2014年1月8日に発売されてから、12月25日の時点で累計販売台数10万台に達したと発表されている。

 6年ぶりのモデルチェンジとなった新型ハスラーは、果たして先代を超えることができるのか!?

文:石川真禧照/写真:中里慎一郎、池之平昌信

【画像ギャラリー】大ヒット必死新型ハスラーの凄さがわかる独占画像収録


6年ぶりのフルモデルチェンジ

右がハイブリッドX、左がハイブリッドXターボ。ターボとNAの外観の違いはほぼない。幌車やハードトップを思わせる独自の2トーンカラーがキャラクターを引き立てている

 6年前に発表されたスズキハスラーは軽ワゴンタイプの乗用車とSUV(多目的スポーツ車)を融合させた全く新しいジャンルの軽クロスオーバーカーとして注目を集めた。

 その人気はスズキのクルマの中でも、スペーシア、ワゴンRに次ぐほど。最近ではスズキの3本柱になるほどに成長している。

 そのハスラーが2019年12月24日にフルチェンジし、発表された。なぜ月日まで書いたかというと、ちょうど6年前の同じ日に初代ハスラーが発表になったから。ただし発売は今回も年を越え、1月に入ってからだった。

 新型ハスラーは先代からのスタイリングを受け継いでいるものの、骨格は新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」と名付けられた軽量、高剛性な骨格を採用

 パワーユニットもNAエンジンは1気筒あたり2つのインジェクターを装着し、EGRもクールドタイプを採用するなど新設計のニュータイプを搭載した。

メーター、センターコンソール、グローブボックスを3連のカラーガーニッシュで彩り、ハスラーらしいタフでインパクトのあるインテリアデザインを実現している

 さらに安全装備も夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を加え、「後退時ブレーキサポート」を標準装備にするなど充実させている。

新型はマイルドハイブリッド採用

 試乗は新エンジンを搭載した「ハイブリッドX 2WD」から。ハスラーは全モデルにハイブリッドユニットを採用している。

 このユニットはモーター機能付発電機で、減速時のエネルギーを利用して発電し、バッテリーに充電。その電力を生かして加速時などにモーターを動かし、エンジンをアシストするというマイルドハイブリッド方式だ。

 走り出して気付くのはハンドリングのしっかり感とエンジンのトルク感の太さ。

 タイヤは15インチのエコ系タイヤだが、街中から高速域まで直進性の安定感は先代をはるかに越えている。カーブではやや重めの操舵感がスポーツSUVの感覚を味わせてくれる。新しいプラットフォームと長くなったホイールベースの効果だ。

接合部を滑らかにつなぐことによって全方位にボディ剛性が高まる環状骨格構造を採用。さらに構造用接着剤で部品間のわずかな隙間を埋めることでさらに剛性を高め、走行性能と快適性能を向上

 この操安性のよさをさらに凌ぐのが新エンジン+CVTだ。トルクは1500回転から体感でき、2500回転から上はかなりスポーティな運転ができる。他の軽自動車にありがちなNAエンジンの非力感が少ないのだ。

 燃費は主に街中だけだったので15km /L前後で、カタログ値の25.0km/L(WLTCモード)には及ぼなかったが、高速走行や郊外路ではもっと伸びるはずだ。

 2台目は「ハイブリッドXターボ 4WD」。シリーズの中で最高価格(174万6800円)のモデルだ。ターボエンジンは先代からのキャリーオーバー。

 インパネシフトのATレバーをDにセレクト。こちらはMモード+パドルシフト付だ。パワーモードも用意されている。

 スタートから軽い。NAモデルと比較すると車重は60kg重いが、15ps、40Nm(4.1kgm)のパワー/トルクの差は大きい。さらにパドルシフトを使えば、交通の流れをリードすることも可能だ。

新開発の NAエンジンはスズキ軽初のデュアルインジェクター採用で燃料を微粒子化して、効率よく燃やすことができ、熱効率を向上させた

 エンジン音は3000回転を越えると高まるが、Dレンジ100いkm/h巡行は2500回転なので、クルマも乗員もストレスは少ない。先代よりもオンロード志向を高めたセッティングもロングドライブ向きだ。

 ちなみに最低地上高は180mmで、これは2WD/4WDとも同数値だ。

 室内は30mm延びたホイールベースと1680mmの全高で前後席とも身長170cmクラスがゆったりと座れる。シートアレンジもさらに使いやすく進化している。

強気の月販目標6000台

東京オートサロンでダイハツはハスラーのライバルとなるタフトを発表。6月頃登場の予定

 2台の試乗を終えたところで、開発チームの人たちにインタビュー。これは自動車ジャーナリストならではの特権でもあり、楽しみでもある。試乗中から疑問だったことを本人たちにぶつけてみた。

—— 新型も売れそうだが、先代よりも強気な月販6000台に設定した理由は?

「先代は6年間で約48万台販売しました。月販6700台だったのでその実績からです。」(企画部T氏)

—— 今後ダイハツもタフトを投入し、SUV市場は競争が激しくなるが見直しは?

「現在の軽SUV市場は全体の20%ぐらいなので、まだまだ伸びるので他社の参入は大歓迎です。(営業本部S氏)」

—— 最後にちょっと気が早いが、次の一手は考えている?

「ええ、ハスラーはボディや内装の色使いで勝負します。色々なコンビネーションを期待していてください。(企画部T氏)」

 スペースの関係でインタビューはここまで。わかったのは、すでに先のことまで考えての新型車投入。ハスラーの天下はしばらく続きそう。ちなみに個人的なおすすめは、NAエンジンモデルです。

◆スズキハスラー主要緒元/価格表

【画像ギャラリー】大ヒット必死新型ハスラーの凄さがわかる独占画像収録

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型続々!! エボリューション新時代|ベストカー3月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、 環境、安全が叫ばれる時代に誕生する、各メーカーが開発中の最新“エボ”モデルの最新情報をお届け。  そのほか、マイナーチェンジするシビックタイプR情報から、ももクロ高城れにちゃんによるハスラー…

カタログ