ルノー トゥインゴGTこそ東京観光の最適解!! 観光名所もすいすい!!


日本を訪れる外国人観光客は3000万人を突破し、行きたい観光地も多様化しているそう。

今回はルノー トゥインゴGTの小気味よさを試すため、外国人観光客が喜びそうな狭〜い道の観光地を走ってみました!

文:ベストカー編集部 写真:池之平昌信


■路地のUターン最速車だ

5速マニュアルを操作しながらRRならではのお尻からドンとくるターボの加速フィールに身をまかせる。それだけでも楽しいが、ルノー トゥインゴGTの魅力はたった4.3mという最小回転半径。前後17インチタイヤだが、RRを利しての小回りのよさは想像以上。

観光地はどこでもそうだが、ナビで案内されても最後の最後に間違うなんてことはよくあること。細い路地でのUターンが必要だが、大きなミニバンやSUVではひと苦労。

ボディが小さくUターンがしやすい、さらに発進時の加速が小気味いいルノー トゥインゴGTならそんな観光地に出かける時も楽々。東京都内のスポットを走ってみた。

■坂道でも力強いエンジンでぐいぐい上る

スタートはアンスティチュ・フランセ東京。

駅でいえば市ヶ谷と飯田橋の中間にあるフランス語学校兼フランス文化センターは、坂道の狭い路地にあり、まるでパリのモンマルトルのようだ(もちろん行ったことはない)。

当然フランス人が多く「ボンジュール!!」と挨拶してスタート。

東京でフランス文化を学びたいならここ。映画館やレストランもありフレンチ気分に浸れる

けっこうな坂道だが109馬力を発生する3気筒900ccエンジンは低速トルクがたっぷりあって、軽く駆け上がっていく。次の目的地神楽坂は石畳と黒塀が独特の世界観を作るが、道が狭く袋小路というところも少なくない。

この石畳もフランス人にいわせるとパリを思わせるらしい。確かにオレンジのルノー トゥインゴGTはこの街によく似合う。ここでもフランス人らしき女性を見つけ「ボンジュール!!」。

次ページは : ■ブレーキや足回りは欧州で鍛えた本領発揮

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ