ポルシェがマジなのよ……911がオフロードで砂塵巻き上げ躍動!! 「911ダカール」緊急試乗

ポルシェがマジなのよ……911がオフロードで砂塵巻き上げ躍動!!   「911ダカール」緊急試乗

 ポルシェが2022年11月にワールドプレミアした911のオフロードモデル、ダカール。車名の「ダカール」には1984年のパリ・ダカールラリーでポルシェが果たした初の総合優勝への敬意が込められているが、その試乗インプレッションを木村好宏氏のレポートでお届けしよう。

文/木村好宏、写真/ポルシェ

■953で1984年のパリ・ダカを制したポルシェ

リアガーニッシュの下には「911ダカール」の名が刻まれる
リアガーニッシュの下には「911ダカール」の名が刻まれる

 1964年に登場したポルシェ911が現在まで生きながらえている理由のひとつに基本デザインを保ちながら誕生以来、たゆまぬ技術的アップデートを行ってきた点が挙げられる。すなわち「最新のポルシェ911は最良のポルシェ」と言われる所以である。

 例えば、現在ではスポーツカーどころかほとんどの乗用車にも採用されている4WD化に際してもすでに今から42年前となる1981年にコンセプトモデルを発表し、さらに1984年にはパリ・ダカールラリー参加に専用開発された953を開発、みごとに総合優勝を果たしている。

 さらに、ポルシェの巧みなビジネスはこうした伝統とハイテク、そしてモータースポーツの血が流れたモデルを市場に提供するところで、2022年のロサンゼルスモーターショーで発表され、現在ポルシェエンスーの熱い眼差しが注がれている911ダカールはその典型的な例である。

■モロッコにてダカールを試乗!

モロッコを会場にして試乗会が実施された。ラクダはポルシェ911ダカールの存在には気が付いていたのだろうか?(笑)
モロッコを会場にして試乗会が実施された。ラクダはポルシェ911ダカールの存在には気が付いていたのだろうか?(笑)

 今回、「ダカール」の市販バージョンの試乗会がモロッコのエラキディア郊外で開催された。すでに公表されているように、ダカールのベースはカレラ4GTSで搭載されるエンジンは水平対向3Lビターボ、最高出力は480ps、最大トルクは570Nmを発生、トランスミッションは8速PDKが組み合わされ、4輪を駆動する。

 性能は0-100km/hが3.5秒、最高速度はオフロードセッティングでは170km/h、後述するスペシャルオフロードタイヤのためにオンロードでは240km/hに抑えられている。

 白地に当時のスポンサー、ロスマンズカラーを配したボディはオフロード走行に向けてフロントとリアにステンレス・スチール製のアンダーガードを装備、エアインテークには強固な金網が貼られている。

 シャシーセッティングはスポーツサスペンションを装備したスタンダードのカレラよりも50mmアップ、さらにもう一段30mmのリフトが可能で最高レベルでの最大地上高は161mmとなる。

911ダカールが履いていたタイヤはピレリ製スコーピオン・オールテレーン・プラスだった
911ダカールが履いていたタイヤはピレリ製スコーピオン・オールテレーン・プラスだった

 スタンダード装着タイヤはこのダカールのために開発された専用のピレリ・スコーピオン・オールテレーン・プラスで、サイズは245/45R19 (前)と295/40R20(後)、二重構造の強化カーカスにトレッドの深さは9mmもある。

 加えてリア操舵(4WS)、ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール(PDCC)、エンジンマウントはGT3から移植されたリジットなものになっている。さらにリアコンパートメントにはロールケージが組み込まれ、安全対策も万全である。

次ページは : ■車重増加はノーマル911からわずか10kg!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サクラより先に満開!! 感動の「日本車ALLアルバム」大特集!! ベストカー4月10日号

「どのクルマにしようかな~?」とお悩みのアナタ。ずばり、発売中の「ベストカー」4月10日号はお役立ちになることウケアイです。今売っている日本車のことがすべて掲載の「日本車ALLアルバム」大特集があるからです! 2023年9月登場のプリウスクロスオーバーの情報も!

カタログ