安全運転で保険料が割引になる!テレマティクス自動車保険に大注目!


 あいおいニッセイ同和損保から発売された自動車保険が話題になっている。テレマティクス自動車保険といって事故を起こした場合にクルマの位置情報や速度が自動で送信され、迅速で的確な事故対応のサービスが受けられるほか安全運転で割引が受けられるというからお得だ。

 しかもテレマティクス自動車保険は従来の自動車保険に比べて事故発生頻度が約20%も低減しているというから凄い。あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス開発グループ長の梅田傑氏にどんな商品か聞いてみた。

★テレマティクスとはテレコミュニケーションとインフォマティクスを組み合わせた造語で、カーナビやGPSなどの車載器と移動体通信システムを利用して、さまざまな情報やサービスを提供する仕組みのこと

文/ベストカー編集部、写真/西尾タクト【PR】


■自動車保険をリードするあいおいニッセイ同和損保

自動車保険部・テレマティクス開発グループ長、梅田 傑氏に今とこれからを聞いてみた

ベストカー編集部・本郷(以下BC)梅田さん、テレマティクス自動車保険について教えてください。

梅田(敬称略)テレマティクス自動車保険は、ひと言でいうならば、通信機能付き車載器を使って走行距離や急発進、急ブレーキといった走行データを取得し、これに基づき保険料を割引く新しい自動車保険です。

BC 御社のテレマティクス自動車保険の開発の歴史について教えて下さい。

『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』の専用ドライブレコーダー

梅田 まず2018年4月にコネクティッドカーを対象にした『タフ・つながるクルマの保険』を発売しました。安全運転で保険料が割引かれる日本初のテレマティクス自動車保険です。

その後、より多くのお客さまにご加入いただくために、2020年1月には専用の通信機能付きドライブレコーダーを活用した『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』を発表し、既に40万人以上のお客様が加入しています。

さらに今年の1月からは、既にドライブレコーダーをお持ちの方でも簡易車載器とスマートフォンを活用して手軽に加入できる『タフ・見守るクルマの保険プラスS』の販売を開始しました。

BC 通信機能を生かして万が一の事故の場合に迅速な救急車の手配や事故対応が可能というわけですね。

月額100円という特約保険料で、さまざまなサービスが受けられる『タフ・見守るクルマの保険プラスS』は装着が簡単で、初心者や女性ドライバーにもお薦めだ

梅田 それだけではありません。スピード、アクセル、ブレーキの3つの運転挙動から安全運転の度合いをスコア化し、良いスコアのお客さまには次の契約の保険料を割引いたします。

BC 安全運転をすれば保険料が安くなるんですか? でも厳密に運転を判定されると、スコアは伸びないんじゃないですか?

梅田 その点はご安心ください。交通の流れに乗ってスムーズに走っていれば良いスコアが取れるよう工夫しております。

BC どれくらい割引になりますか?

梅田 『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』と『タフ・見守るクルマの保険プラスS』の場合、契約期間中安全運転スコアが80点以上のドライバーには8%、60〜79点でも4%割引きます。実際に『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』の契約者様の4分の3以上の方が8%割引を受けられています。

『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』と『タフ・見守るクルマの保険プラスS』は、契約期間中安全運転スコアが80点以上のドライバーは8%、60〜79点でも4%の割引きを受けられる

BC やはり割引が受けられると安全運転の意識が高まりますね。

梅田 そのことに加えまして運転診断レポートを提供しています。運転ごとに危険な運転を検知した地点を地図に落とし、運転アドバイスや総合評価を行い、月間運転レポートでは急発進が多いといった運転特性を分析して、お客さま個々の運転特性を踏まえた具体的なアドバイスを行います。

運転診断レポートを見たドライバーは見ないドライバーよりも事故発生率が約17%低いという調査もあり、しっかりした効果があります。

『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』は専用の通信型ドラレコが撮った事故状況動画をAIが解析することで、責任割合などスムーズな事故解決を実現する

BC 『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』と『タフ・見守るクルマの保険プラスS』のサービスの違いは?

梅田 『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』ではAIを活用して専用ドライブレコーダーの動画から事故解決が迅速に行えるほか、安全運転支援アラートなどさまざまなサービスが受けられます。

すでにドラレコをお持ちで、わざわざ専用のものに交換したくないという方に向け開発したのが『タフ・見守るクルマの保険プラスS』です。

こちらは米国のCMT社製の車載器を活用したもので車載器をダッシュボード上に設置し、ご自身のスマートフォンのBluetoothとGPSをオンにすれば自動的に接続完了します。

車載器は電池内蔵ですからコードなどもありません。サイズも5×5cmと小さく、視界の妨げにもなりません。

『タフ・見守るクルマの保険プラスS』用の専用端末

BC 保険料は高いんじゃないですか?

梅田 月額100円の特約保険料で事故緊急自動通報サービスや最大8%の割引や運転診断レポートなどのサービスが受けられます。

BC それはお得ですね。『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』だと、AIが事故を解析するんですか?

梅田 そうですね。相手車両の速度などの状況をAIで解析し、判例に照らして責任割合の判定をサポートします。事故の解決がスムーズに行えるメリットがあります。

専用の通信型ドラレコの動画をAI解析

BC あいおいニッセイ同和損保の自動車保険は『I’m ZIDAN』というサービスもありますね。

梅田 はい。夜間・休日も平日と変わらない24時間365日事故対応に当たりますので、好評をいただいております。

BC 夜間と休日に自動車事故の6割が発生しているというデータがあるだけに、これは心強いですね。今回はありがとうございました。

■あいおいニッセイ同和損保はテレマティクス分野のパイオニア

 テレマティクス自動車保険のパイオニアとしてさまざまな商品を開発してきたあいおいニッセイ同和損保。

 その歩みは「事故のあとの保険から事故を起こさない保険へ」の理念の下、事故を起こさないためにさまざまなサービスを提供してきた歴史でもある。

※さらに詳しい情報は「タフ・見守るクルマの保険」で検索

あいおいニッセイ同和損保Webサイト(リンク先)

タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)Webサイト(リンク先)

タフ・見守るクルマの保険プラスS Webサイト(リンク先)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ