ドライ路面も凄いぞ!!! ブリザックが追い求めた究極のオールラウンド性能とは


 ブリヂストンが誇る最新スタッドレスタイヤ「ブリザックVRX3」。2021年はWebメディアなどで多く目にするこの新作スタッドレスタイヤだが、もちろんこれまでの「ブリザック」の名に恥じることない高性能スタッドレスタイヤになっている。

 雪上や氷上の性能については「ブリザックなら間違いないっしょ」という人も多いと思うが、非降雪地域に住む人にとっては「万が一の雪は頼りにしているけど、ドライ性能はどんな感じなの?」と思っている人も多いはず。

 と、いうことでベストカーはなんと「ブリザックVRX3」のテストをドライ路面限定で実施しちゃいました。ドライバーはかつてインディカーにも参戦した松田秀士氏、そして業界随一のタイヤマイスター齋藤聡氏。

 ご両名に高速道路、一般道、ワインディングで超本音インプレッションしてもらいました。

インプレッション:松田秀士、齋藤聡/まとめ:編集部/写真:池之平昌信【PR】

【画像ギャラリー】ブリザックVRX3の試乗写真と資料画像をチェックしよう!(16枚)画像ギャラリー

■「少しはダメなところないかって探したんだけどさ……」

ドライ路面をスタッドレスタイヤで走るとノイズだったりグニャっとした感触だったりネガティブな印象を持つケースが多い

 今回はブリザックVRX3を雪道でもなく、凍結路でもなく、なんと「ドライ路面」で乗ってきてほしいというオーダーが入った。かつてスタッドレスタイヤの試乗記事で「ドライ路面だけですからね!!」というオーダーが入ったのは記憶にない。

 そんなにブリヂストンが自信があるならとベストカーWebとしてはタイヤに精通して、かつ辛口でおなじみの松田秀士氏と齋藤聡氏をテスターに起用した。そんなおふたりが試乗前にこんなハナシをしていた。

松田秀士(以下「松田」):「VRX3だけどアイスリンクで試乗をしたんだけどね。やっぱり安心感がある性能だったよ。前作との比較では圧倒的にVRX3は止まるし、旋回でアンダーを出してしまってもすぐトラクションが回復するんだよね」。

齋藤聡(以下「斎藤」):「そうなんです。氷の性能は定評があるブリザックだし、これまでの製品をさらに上げてくるというの『ブリザック選んでおけば大丈夫』ってお客さんの期待を裏切らない完成度ですよね」。

 さすがに氷上、雪上の性能はかなりのものらしい。まあ「ブリザック」だからそこらへんは問題ないのだ。しかし今回はドライ路面でのインプレッション。実は両テスターもドライ路面での性能は未知数とのこと。

 さっそく高速道路での試乗に移ろう。やはりスタッドレスタイヤのドライ路面はコーナーでのふらつきや、ロードノイズなどが気になるところ。高速道路での試乗を終えた松田秀士氏がうなる。

ビシっとまっすぐ走る性能の高さに驚いたという両氏。スタッドレスタイヤらしからぬドライ性能の高さが凄い

松田:「少しはダメなところないかって探したんだけどさ……スタッドレスタイヤとして考えたら本当によくできてるよ。スタッドレスってドライ路面は弱い印象があるのだけどグラグラする感じもないし、ビシっと走る」

齋藤:「VRX3はタイヤを触るとわかるけど凄い柔らかい。一般的には柔らかいゴムはドライ路面では不利なんです。けどこのタイヤはコンパウンドにも手を入れているし、素材の関係性もしっかり考えてることがわかりますね」。

松田:「高速道路乗ったら普通に走れちゃうし、逆にブリヂストンの普通のタイヤより乗り心地いいんじゃないって思うくらいだよね」

齋藤:「ロードノイズも抑えられていて高速道路での安心感は高いですよね」

 いやはや、辛口なおふたりもすっかり褒めてばかり……。こうなればスタッドレスタイヤが超苦手なカーブが連続するワインディングを含む一般道での試乗に進もう。普通ならスタッドレスタイヤはワインディングは苦手なはずだけど……。

300km/hオーバーの速度域で戦っていた松田秀士氏。高速道路でのインプレッションではドシっとした安定感を高評価

■「言われなければスタッドレスってわからないよね」

市街地の交差点を曲がる。ブワンブワンとヨレたりするシーンだが、VRX3はいかに?

 高速道路での試乗を終えて市街地を走る。今回は60km/h制限のバイパス道路、そして丘を登るワインディングで試してもらった。

齋藤:「僕の見立てではVRX3は従来品に比べてタテ溝を主体にしてヨコ溝を減らしているとおもうんです。接地面を広くする、余計なブロックの変形を出さないデザインを目指したのが、ドライ路面にもすごくポジティブに働いているんですよ」。

松田:「ヨレとか応答の遅れってのが一般道でも本当に少ないの。言われなければスタッドレスってわからない人も多いかも。あとブォーンみたいなノイズが市街地でもほんとに少ないのがいいよね」。

生活道路も兼ねているワインディング。路面も悪く曲率も厳しい。まさにスタッドレスタイヤには意地悪すぎるステージなのだが……

 編集部が探し出したスタッドレスタイヤには悪条件しかないワインディングでの走行はどうだったのだろう。

齋藤:「コーナリングでよれないのは高速道路と変わらないけど、やはり直進性もよくて、タイヤ全体がまっすぐ走ってくれる安定感が優れているように感じたんですが、松田さんはどうですか?」

松田:「それはあるね! まっすぐストレスなく走ってくれる。今回の試乗車だったVWゴルフだけど、最近のまっすぐ走るクルマはタイヤを変えたら直進性が失われたりするよね。その心配がないな」。

齋藤:「やっぱり高速道路や市街地走行でも同じでタイヤがしっかりしていることがすごくポジティブな面だよね」。

 うーん、どうも非の打ちどころのないタイヤな雰囲気が漂ってきたが、辛口なおふたりが「多くの人に自信をもって進めたい」と言うようにドライ路面での性能はバッチリなようだ。

業界随一のタイヤの知識量と知見を誇る齋藤聡氏。VRX3のドライ性能を試せることに大興奮だった

 スタッドレスタイヤは雪道、凍結路に性能を「全振り」していると思われがちだが、北海道や東北、上越などの豪雪地帯でもなければドライ路面を走行する時間は真冬でも意外と長い。

 やっぱり「ブリザックなら間違いないよね」といえる製品つくりをしてきた開発陣は、しっかりとドライ路面での走りも意識していることがビシビシと伝わってきた。

 これから冬本番。しっかりした備えがあってこそ冬のカーライフは充実する。ドライ路面での性能も追い求めたブリザックVRX3で安心感のあるカーライフをおすすめしたい。

すっかり笑顔の両氏。やっぱり性能の高いスタッドレスタイヤの開発陣には「ドライ性能は低くても仕方ない」という意識はない。予想以上に製品の完成度が高くて驚きっぱなしの両氏だった

ブリザックの詳細については公式サイトから

【画像ギャラリー】ブリザックVRX3の試乗写真と資料画像をチェックしよう!(16枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ