価格高騰時代の強い味方! 最強コスパと静粛性が魅力の「ZEETEX(ジーテックス)」にアジアンタイヤの進化を見た【PR】


ベストカー編集部が注目のタイヤ通販サイト「オートウェイ」を使って社有車、カローラ・ツーリングのタイヤ交換を実施。タイヤはUAEドバイのタイヤブランド「ZEETEX(ジーテックス)」の ZT1000をセレクト。果たしてその実力はいかに?

文/ベストカー編集部 写真/西尾タクト、提供/オートウェイ

価格高騰時代にあらわれた強い味方 「ZEETEX(ジーテックス)」

 これまでは国産タイヤメーカーをチョイスすることが多かったベストカー編集部のクルマ。

 しかし、最近ではアジアンタイヤを中心とした海外勢の品質アップが著しいという声が聞こえており、編集部もそのポテンシャルに興味津々です。

 昨今の原材料費高騰も理由のひとつ。タイヤも例外ではなく、大手メーカーなどでは4月に値上げが行われています。そんな背景もあり「少しでもリーズナブルなタイヤを採用してほしい」という切実な経理部の声も勘案し、タイヤ選びをしました(…といいながらホイールも新調してしまいました)。

 前回記事で紹介していた「Verthandi(ヴェルザンディ)」のアルミホイールとZEETEX(ジーテックス)のZT1000(サイズは205/55R16)のタイヤ4本セットで5万9560円と超お買い得。安くていいタイヤを選択したことを経理部に納得させるべく、今回は編集部F氏が経理部N氏を誘ってテストドライブにレッツトライです。

■ZEETEX ZT1000特設ページはこちら

ZT1000は左右非対称のパターンを採用し、見た目もすっきりとした印象だ

編集部F(以下F)「これがZEETEXのZT1000ってタイヤなんですが、今回はあわせてホイールも新調したのでカローラ・ツーリングの印象も変わったでしょう!?」

経理部N(以下N)「ネットによると税込1本、4690円と会社にはありがたいプライスです。1本あたり5000円台は国産メーカーの半分以下の金額ですね。まぁ、ホイールまで交換するとは想定外でしたが……(苦笑)。ところでZEETEXってどんなブランドなんですか?」

F「UAEドバイに拠点を置くブランドで、世界85カ国で展開してるんですって。サイズ展開も豊富で、エコタイヤからスタンダードタイヤ、SUVタイヤまで幅広く取り扱っているようです」

N「へぇ、世界85カ国とは、かなりグローバルなんですね」

 ZEETEXからは今回紹介した「ZT1000」以外にも、プレミアムタイヤの「HP3000 vfm」(16~21インチ)、コンフォートタイヤの「HP2000 vfm」(15~19インチ)、スタッドレスタイヤの「WP1000」などといったタイヤが展開中。いずれも購入はオートウェイの公式HPより購入可能

F「そうそう、日本ではまだなじみは薄いけど、ヨーロッパでの知名度は上がっているそうです。スタッドレスタイヤのラインナップもあって、日本市場にも積極的に参入しているようです。見た目もトレッドは左右非対称のパターンを採用しています」

N「確かに4本の比較的太く深い溝が刻まれていて、どことなくプレミアムコンフォート系のタイヤをイメージさせますね」

F「そう、パターンからは排水性が高そうなイメージだけど、今日は雨が降りそうだしウェット性能も試してみましょう」

次ページは : 早速、ベストカー編集部名物「音羽のニュルブルクリンク(※通称・音羽ニュル)」でテスト開始!