ハイフライVS小川直也&愛車の34GT-R!箱根を舞台に新進気鋭のアジアンタイヤと対決【PR】


 32、34、35とGT-Rを3台持つ小川直也氏が今一番気になる「アジアンタイヤの性能」を確かめるべく、タイヤ通販サイト「オートウェイ」が推すHIFLY(ハイフライ)のHF805を34GT-Rに装着。ハイフライvs小川直也の戦いの舞台となった箱根からレポートしよう。また、今回の熱いファイトはベストカーチャンネルにも収めているので、両者の戦いを動画でもぜひご堪能ください。

文/ベストカー編集部、写真/西尾タクト


往年の名選手を思い出させるハイフライ?!

 アメリカからやってきたハイフライと聞いて、俺は往年のあの選手との戦いを思い出した。そう、ドン・フライ(本名ドナルド・フライ)だ。

 忘れもしない1998年10月24日に両国国技館で行われた「UFO」の旗揚げ戦。ノールールマッチで、リングインするやいなやフライは俺の柔道着をつかんで羽交い絞めにしてきやがった。

【画像ギャラリー】ハイフライVS小川直也!元・暴走王が箱根を舞台に新進気鋭のアジアンタイヤと対決(9枚)画像ギャラリー

 試合は俺が勝利したが、ヤツは勝ち名乗りを上げた時にまで、飛びかかってくるような血気盛んなファイターだったな。ドン・フライはPRIDEで吉田秀彦や高山善廣とも戦っていたからご存知の読者も多いだろう。

 おっと、ハイフライの話に戻そう。そんな熱い男と名前が重なるハイフライだが、いったいどんなタイヤなんだ?今日は俺の34で試乗できると聞いて、久しぶりに毛羽ばたきをくれてやったぜ。

オープンフィンガーグローブを装着し、戦闘モードでハイフライタイヤをチェック!

 何より魅力なのがそのコストパフォーマンス。なんと1本7120円(※税込、取材当時の価格です)は激安。価格を聞いて、不意に小外刈を食らったように椅子から転げ落ちるところだったぜ。

 俺のように古いスポーツカーを何台か持っていると、維持費だけでも負担は小さくない。できるだけ維持費は抑えたいというのが本音だ。しかも、クルマを走らせる機会も年に数回だし、サーキットなどで限界走行をするわけでもない。

 「スポーツカーにはハイグリップタイヤが絶対」と俺も思っていたが、もっと違う選択があるんじゃない!?そんな風に思っていたところに今回の試乗の機会がやってきた。まさに渡りに船。釣り技に奥襟だ。

小川さんの34GT-Rは2001年式の標準モデル。2万7000㎞と走行距離も少なめで、程度もかなりいい

ハイフライのHF805ってどんなタイヤ?

 ハイフライのHF805はいわゆるハイパフォーマンスタイヤ。15インチから21インチまでラインナップされ、30扁平もあるので最新のスポーツカーにも対応可能。非対称のパターンを採用し、太い4本のグルーブが入って排水性が高そうな面構え。ショルダー部分も、細かくブロックパターンが入って、どんなハンドリングを味わえるのか楽しみだ。

ハイフライ HF805

■ハイフライ HF805の特設ページはこちら

 今回あえて純正のアルミホイールに245/40R18を選択した。オートウェイから取付店の「タイヤピット」にタイヤが送られ、タイヤ交換を行い、いざ勝負。

次ページは : ハイフライVS小川直也 試乗のゴングが鳴る!

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ