アルファードオーナー必見!? インチアップしたいけどタイヤ代が……ヨコハマに超イイのがあるゾ【PR】

 クルマを所有していれば一度はやってくるタイヤ交換の時期。どうせ買うならホイールも!! ついでにインチアップもしたい! と思う人も多いハズ。でも一般にタイヤはサイズがデカくなればなるほど価格が上がってしまうワケで……結局純正サイズを選ぶなんてことも多々。

 今やアジア製のタイヤがその割安感から支持されてはいるものの、安全に寄与するパーツだけに国産にこだわりたい! という人も相当数いるというのも事実だ。

 そんな贅沢? な悩みを解決してくれるのが安心の国産。そして18~22インチと超大径タイヤをラインアップするヨコハマタイヤのAVID ENVigor S321がかなり気になる存在だ! 実際に納車直後のオーナーカーのアルファードに装着して、大径タイヤが苦手とする静粛性や乗り心地などを徹底チェック!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:竹内英士・ヨコハマタイヤ

【画像ギャラリー】アルファードに超似合う!! 国産大径タイヤならコレだ(9枚)画像ギャラリー

外国勢に押され気味の大径タイヤ……ヨコハマにコスパ最強モデルがあった

AVID ENVigor S321は全19サイズもラインアップ。ミニバンはもちろんSUVに至るまでさまざまなモデルに対応しているもの魅力。ちなみに今回装着したのは245/40R20

 アルファードやヴォクシーなどミニバンは、大径タイヤを好む方が多い印象である。もっとも純正派も相当数存在するが、どうせ換えるならホイールも。そしてサイズを大きくしよう! と思う人も少なくないハズ。

 とはいえ価格は相当な金額となり、泣く泣く諦める。あるいは外国産のタイヤを選択する人も増えてきている、でもやっぱり国産の安心感は外せない!! と思う人も俄然多いのも事実だ。

 調べてみると、ヨコハマタイヤのエンビガーなるタイヤが市販されているではないか! しかも18~22インチとドデカいサイズ専門で安い、そのうえ国産! このタイヤの特徴を簡単にいえばドレスアップタイヤであるが、走行性能を犠牲にしていないのが最大のポイント。

 筆者は学生時代に国産セダンに某外国産の19インチ大径タイヤを装着させていたが、その思い出といえば乗り心地などすべてにおいてノーマルが圧勝。唯一勝てるのは自分好みになる見た目というのがインチアップに対する私の考えであった。

 もちろんサイズアップをして乗り心地が向上するというケースもあるのも事実だが、このように考えているユーザーも少なからずいるはずである。そういった視点でエンビガーを装着した率直な印象をお伝えしたい。

 今回は納車ほやほやのトヨタ アルファードのオーナーカーを借り出し、実際に装着&試乗してみたのでその実力をご紹介する。

次ページは : インチアップのネガとおさらば!! 乗り心地&静粛性も文句ナシ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ