早くも新型クラウンクロスオーバーに対応!! 走行中に同乗者がテレビを楽しめるTV-KIT!!【PR】

 2022年7月15日にワールドプレミアで公開された新型クラウンクロスオーバー。この秋から納車が始まり、試乗車を目にする機会も増えている。

 クラウンは12.3インチの大画面ディスプレイオーディオとTVチューナーを選択することができるが、走行中は音声のみとなってしまい、映像は表示されない。同乗者にとっては大いに不満なことだろう。

 データシステムから発売中のTV-KITを使えば、そんな不満も一発解消。ディスプレイオーディオの有効活用方をご紹介しよう!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、データシステム

【画像ギャラリー】走行中もTVチューナーを有効活用!! ナビとの切り替えも簡単なクラウン用TV-KITはシエンタやノア/ヴォクシーにも対応!!(14枚)画像ギャラリー

■ナビ使用時には付属のスイッチでTV-KITをキャンセル

データシステムの「TV-KIT」TTV430(切り替えタイプ)2万1780円(税込)。これがあれば、走行中も地デジの映像を楽しめる。TV-KIT使用時には自車位置が不正確になるため、付属のスイッチで機能のオン/オフが可能

 新コンセプトをまとって登場した新型クラウンクロスオーバーには、コネクティッドナビに対応する12.3インチディスプレイオーディオが採用されている。この大画面で地デジなどの番組を楽しむことができるのだが、当然走行中は音声のみとなる。助手席や後席の同乗者にしてみれば走行中も映像を見たいはず。

 データシステムの「TV-KIT」を導入すれば、そんな不満も解消される。クラウン対応の「TTV430(切り替えタイプ)」を装着することで、走行中の地デジ視聴が実現するのだ。同時にその他のタッチパネルの操作も可能となる。

 他にも純正オプションの「CD/DVDデッキ(ディスクプレーヤー)」の映像を走行中に楽しめるのだ。

データシステムの「TV-KIT」シリーズは早くも新型クラウンクロスオーバーに対応した

 ただし、TV-KIT使用中は自車位置が不正確になるため、ナビが使用できない。そこで付属のスイッチでTV-KIT機能のオン/オフ操作ができるようになっている。オフにすることで自車位置の情報が補正され、ナビを使えるようになる。

 またこのスイッチ同梱キットだが、TTV430(切り替えタイプ)とTTV430-D(ビルトインタイプ)、TTV430S(ステアリングスイッチタイプ)の3種類から選べる。

 ビルトインタイプのスイッチは、車両のスペアスイッチホールにフィットする設計で、まるで純正のような仕上がりとなるのがうれしい。

TTV-430-D(ビルトインタイプ)2万1780円(税込)付属のスイッチ。クラウンのスペアスイッチホールへの取り付け例(LED点灯中のスイッチ)。まるで純正のような仕上がりだ

 TTV430Sは、TV-KIT付属のオン/オフをスイッチではなく、純正のステアリングスイッチを使って操作できるタイプだ。別途スイッチの設置が不要なので、車内もすっきりと仕上がる。価格は2万1780円(税込)。

データシステムTTV430S(スマートタイプ)は、純正のステアリングスイッチを使ってTV-KITのオン/オフ操作ができる

 3タイプとも車体の純正カプラーに結合できるカプラー付き配線が同梱されているため、取り付けは簡単で配線を傷つけることがない。TTV430、TTV430-D、TTV430Sともに価格は2万1780円(税込)だ。

 

次ページは : ■トヨタシエンタとノア/ヴォクシーにも対応!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ