これはジムニー乗り必見だわ!! リアカメラをそこに置くの~?? データシステムの最新リアカメラが激アツ【PR】

これはジムニー乗り必見だわ!! リアカメラをそこに置くの~?? データシステムの最新リアカメラが激アツ

 後退時に後方の視界をカバーしてくれるリアカメラは、一度使うと手放せない便利なアイテムだ。特に狭い駐車場へ入れる場合や、入り組んだ細道をバックするときにはとても頼りなる。しかし後付けする場合は、カメラ設置の場所や、電源などの配線を車内から取り出すための穴の確保など、意外とハードルが高い。

 そんなときに頼りになるのが、データシステムのハイマウントリアカメラキットだ。ボディの穴あけ加工が不要なこの便利なアイテムをご紹介しよう!

文/高山正寛、写真/ベストカー編集部、データシステム

【画像ギャラリー】なんと「リアウォッシャー」の装着場所にリアカメラを!! データシステムのハイマウントリアカメラキット(13枚)画像ギャラリー

■まさに「コロンブスの卵」!! ウォッシャーノズルの取り付け穴を利用

新パッケージで登場のRCK-91J3(ジムニー用)2万728円(税込)
新パッケージで登場のRCK-91J3(ジムニー用)2万728円(税込)

 今やクルマに求められる装備の中でも常識化しつつあるのが「カメラシステム」だ。特にリアカメラは必需品とも言えるもので、多くのクルマに標準、またはオプション設定されている。

 ただ、中には中古車に装着されていないものや、標準装備化されていてもカメラ本体の取り付け位置により、実際の画像を見ると、ナンバープレートやバンパーなどが映り込んでいてせっかくのカメラ性能を生かし切れていないものもある。

 そこでオススメなのがデータシステムの「ハイマウントリアカメラ」だ。この商品、何とウォッシャーノズルの取り付け穴を利用し、車種専用に開発されたカバーにリアカメラとウォッシャーをそのまま組み込むというユニークな商品なのだ。

ハイマウントタイプだから周囲がよく見える。多くのリアカメラにありがちなナンバープレートなどとの干渉もないので広範囲に後方の確認ができるのはかなり便利だ
ハイマウントタイプだから周囲がよく見える。多くのリアカメラにありがちなナンバープレートなどとの干渉もないので広範囲に後方の確認ができるのはかなり便利だ

 スズキジムニー/ジムニーシエラ用のウォッシャーノズルはリアドアのハイマウントストップランプ脇にあるので、ここに専用キットを使って取り付けられる。

 取り付け位置が決まっており、さらにリアドア上部に設置することでこれまでの純正リアカメラに比べて高い位置から映し出すことができる。

 IP67に準拠し防水性に優れ、角度調整が可能なカメラ部は水平110度、垂直直角80度の画角を持つが、ここに装着することで非常に視界が良好であることがわかる。


 車種専用デザインのカバーはウレタン樹脂製(艶消し黒)。人気のジムニー用のみ、より量産しやすいガラス強化ナイロン樹脂を採用している。またWeb専用販売のボディ同色カバーを選べば、よりマッチング度は向上するはずだ。

次ページは : ■アトレー他に対応するRCK-97A3/RCK-97A4は2023年1月発売予定

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ