【新型セレナ内装解説】高級感がヤバい!! 2列目シートはノア/ヴォクシーに軍配か!?

【新型セレナ内装解説】高級感がヤバい!! 2列目シートはノア/ヴォクシーに軍配か!?

 新型セレナが登場し、ノア/ヴォクシーと並んでミドルサイズミニバンが全て出揃ったという状況である。そして最後発のセレナはライバルを圧倒する質感でデビュー!!

 注目は内装で、アリア並の高級感で勝負に出たのだ。しかも歴代初となる装備も多々。さっそく新型セレナの内装を簡単にご紹介! これは待った甲斐があったかも!!

文:ベストカーWEB編集部/写真:ベストカーWEB編集部・奥隅圭之

【画像ギャラリー】新型セレナの内装は高級車のデキ!! ノアヴォクなんて目じゃないゾ(7枚)画像ギャラリー

アリア並の高級!! モニターのサイズがヤバい

ベースグレードXを除いて12.3インチのモニターを2枚設置。ミドルサイズミニバンを超えた質感に脱帽!!
ベースグレードXを除いて12.3インチのモニターを2枚設置。ミドルサイズミニバンを超えた質感に脱帽!!

 新型セレナの内装は一言でいうと史上最強の高級感といったところ。とくに超ワイドモニターを2枚並べたコクピットは圧巻のデキ。電気自動車のアリアにも勝るとも劣らない仕上がりなのだ。

 先々代、先代モデルはダッシュボード奥にメーターを設置していたが、新型セレナはハンドルにかなり近づいた印象。しかもノート オーラやアリアと同様にフル液晶メーターを採用し、速度のみならずナビやオーディオといった情報も表示可能に。 

セレナ初の左右独立エアコン! USBポートの数もスゴいゾ

ライバルモデルは左右独立エアコンを早い段階で採用していたが、セレナは今回が初。ブラインド操作もしやすいダイヤル式はイイ!!
ライバルモデルは左右独立エアコンを早い段階で採用していたが、セレナは今回が初。ブラインド操作もしやすいダイヤル式はイイ!!

 そして個人的に注目なのがエアコンである。ノア/ヴォクシーは先々代モデルから運転席・助手席でそれぞれ温度調整が可能な左右独立エアコンを採用していたが、セレナは……といった状況であった。それが新型セレナは歴代初の左右独立式エアコンを搭載したのだ。

 USBポートの数はクラス随一であった先代モデル同様、新型セレナもベースグレードを除いて6つ完備。先代モデルと異なるのはフロントの1つ以外、タイプCに変更されたのも嬉しいポイントだ。ちなみに車内Wi-Fiも完備しているため、移動中は動画など見放題とファミリー層には超嬉しい進化を遂げている。

e-POWERでも8人乗りに!! お馴染みの装備も

1列目および2列目の好きな位置に設置できるマルチセンターコンソールがe-POWERにも! 1列目に設置すれば大型アームレストになるなど、使い勝手はバツグン
1列目および2列目の好きな位置に設置できるマルチセンターコンソールがe-POWERにも! 1列目に設置すれば大型アームレストになるなど、使い勝手はバツグン

 そしてこれまでe-POWERモデルはバッテリー搭載位置の都合により全車7人乗りであったが、新型モデルは8人乗りを選択可能に。というよりも最上級グレード「ルキシオン」以外は全て8人乗りとなったのだ。

 3代目から採用されているマルチセンターコンソールをe-POWERモデルでも採用。1列目、ないし2列目と好きな位置に移動できるため、これはかなり便利な機能。これこそ歴代セレナオーナーにとっては何よりのトピックスのはずだ。

次ページは : 快適性はノア/ヴォクシーに劣るか!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ