トヨタ ヴェルファイア 新型の存在を確認!! アルファードとの「2モデル体制」は続く!

トヨタ ヴェルファイア 新型の存在を確認!! アルファードとの「2モデル体制」は続く!

 納期期遅れが深刻な自動車業界だが、それでもベストカースクープ班には新型車の情報が次々と入ってくる。特に国内メーカーの盟主トヨタには、来年もバラエティに富んだ新型車が用意されており、その動きが大いに気になるところだ。

 そんな中、注目すべき情報が入ってきた。トヨタ アルファードのモデルチェンジとともに「消滅」が噂されていたトヨタ ヴェルファイアに、やはり次期モデルがあったという情報だ!

※本稿は2022年11月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年12月10日号

【画像ギャラリー】現行型とも比較! トヨタ新型ヴェルファイアの予想CGをギャラリーでじっくりチェック!(16枚)画像ギャラリー

■「アルファード&ヴェルファイア」健在! 次期型も2モデル体制を維持

 これまでと同様、「アルファード&ヴェルファイア」でフルモデルチェンジする。

 トヨタの販売店は2020年5月にチャンネル制を廃止し、全店舗が全車種を扱うようになったことで兄弟車をなくす方向にすると言われていた。

 しかし、新型ノアにヴォクシーが残されたように、ヴェルファイアも次期型が用意されるというわけだ。

 次期アルファードに関しては、かなり具体的な情報が入っている。

 デビューは来年春先とされていたが、安定した生産体制が整うまで少し延期されるというのが最新の情報で、来年5~6月あたりになるかもしれない。

 パワーユニットは直4、2.5Lハイブリッドと直4、2.4Lガソリンターボ。2.4Lターボは現行型のV6、3.5Lの代わりとなるもので、280ps/43.8kgmを発生する。

来年(2023年)5〜6月登場予定のトヨタ 新型アルファードの予想CG。当初、このフルモデルチェンジに伴ってヴェルファイアは消滅する、というのが「既定路線」だった
来年(2023年)5〜6月登場予定のトヨタ 新型アルファードの予想CG。当初、このフルモデルチェンジに伴ってヴェルファイアは消滅する、というのが「既定路線」だった

 ヴェルファイアはパワーユニットを限定するという情報もあり、ハイブリッド専用となる可能性もある。

 現行型のアル/ヴェルは2015年のデビュー当初、フロントマスクのデザインに差がつけられており、より派手な顔つきのヴェルファイアが人気だった。

 しかし、2017年末のマイナーチェンジでアルファードも派手なマスクとなり、ヴェルファイアの販売比率が急落したという経緯があった。

 だからこそ現行型でヴェルファイアは終了するという噂が出ていたわけだが、次期型ではエクステリアに大きな差はつけないという情報だ。

新型ヴェルファイアの予想CG。従来の手法どおり、やはりヤンチャな雰囲気を漂わせる。サイズは現行型と変わらないという
新型ヴェルファイアの予想CG。従来の手法どおり、やはりヤンチャな雰囲気を漂わせる。サイズは現行型と変わらないという

 ともにキープコンセプトのフルモデルチェンジとなるが、TNGAの大型FF車用GA-Kプラットフォームが採用されるほか、室内のデザインも大きく変わると言われている。

 同様のコンセプトのまま次が4代目となるだけに、インテリアで新鮮味を出すのは有力な方法。

 高級ミニバンの真髄を見せるフルモデルチェンジとなりそうだ。

【画像ギャラリー】現行型とも比較! トヨタ新型ヴェルファイアの予想CGをギャラリーでじっくりチェック!(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ